ホーム > お知らせ > -63kg王者・佐々木大蔵、初防衛&リベンジを果たしてK-1ライト級への出撃をアピール!「Krushのベルトを持って、Krush-63kgを代表してK-1に乗り込みたい」

お知らせ

-63kg王者・佐々木大蔵、初防衛&リベンジを果たしてK-1ライト級への出撃をアピール!「Krushのベルトを持って、Krush-63kgを代表してK-1に乗り込みたい」

1476612701_0sp.jpg

[2016/10/16]

 10月16日(日)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、10月15日(土)東京・後楽園ホール「Krush.70」で初防衛に成功した第4代-63kg王者・佐々木大蔵が試合を振り返ると共に、今後の目標を語った。
>>詳細

 昨日の初防衛戦では1年半前に敗れている岩崎悠斗の挑戦者を退け、王座防衛と同時にリベンジを果たした佐々木。KO決着にこそならなかったものの、2Rにダウンを奪うなど横綱相撲と言える試合運びを見せた。

 会見に同席した宮田充Krushプロデューサーも「佐々木選手にとってやりづらい試合だったと思いますが、集中力のある試合で勝負所を逃さないところはさすがでした。平本蓮に勝ってベルトを獲って、岩崎悠斗勝ってベルトを守った。これで本当のチャンピオンになったなと思います。昨日はリングに向かう顔や佇まいに風格というか自信が感じました」と佐々木の堂々たる戦いぶりを称賛した。

 佐々木も「冷静に戦うことが出来て、試合中に成長できたと思う」と試合を振り返った。

「ダウンを奪った左フックは試合の途中から狙っていました。考えながら出したパンチだったので、自分のパンチが相手の顎をとらえる瞬間までスローで見えましたね。

 僕は王座決定トーナメントでも成長できたし、昨日も戦っていく中で冷静に戦えました。自分と相手のセコンドの声もどちらも聞いて、考えながら戦うことが出来て成長できたと思います。

 岩崎選手は過去に負けている相手ですし、他団体のチャンピオンなので、侮ってはいませんでした。初防衛戦は難しいと言われますが、一度負けている岩崎選手が初防衛戦の相手だったことが僕にとってはよかったと思います」

 昨日の試合後、佐々木はリング上から来年2月に予定されているK-1の初代ライト級(-62.5kg)王座決定トーナメントへの出場をアピール。

 一夜明け会見でも「僕はこのベルトの価値を高めたいので、しっかりベルトを防衛してK-1に出るという目標がありました。防衛戦をクリアできたので、次はKrushのベルトを持って、Krush-63kgを代表してK-1に出ることが目標です」とK-1出撃を宣言する。

 このアピールに対して宮田プロデューサーも「今すぐ明言はできませんが、K-1出場の意思はしっかり受け止めました。ダウンを奪っての防衛ですし、選手として強さを増しているいい時期なので、希望は叶えてあげたい」と前向きなコメント。

 佐々木も改めて「Krush-63kg王者・佐々木大蔵の第2章として、Krushのベルトを持ってK-1に乗り込みます。宮田さん、よろしくお願いします!」と宮田プロデューサーにK-1出場を直談判した。

 果たして佐々木のK-1出撃は実現するのか? 5連勝中と絶好調の王者・佐々木の今後の動向から目が離せない!

  • 1476612701_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます