ホーム > お知らせ > 4・12「Krush.53」-55kg級トップファイター同士の潰し合い!匠「勝てば新しい道が切り拓ける」VS堀尾竜司「お互いに負けられない試合になる」

お知らせ

4・12「Krush.53」-55kg級トップファイター同士の潰し合い!匠「勝てば新しい道が切り拓ける」VS堀尾竜司「お互いに負けられない試合になる」

匠VS堀尾竜司

[2015/04/11]

 4月11日(土)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.53」の前日計量・記者会見が行われた。会見ではセミファイナル(第8試合)[Krush -55kg Fight/3分3R・延長1R]で対戦する匠と堀尾竜司と意気込みを語った。 >>詳細

 今年1月のK-1代々木大会で抜擢出場を果たし、見事に戸邊隆馬からダウンを奪って勝利を収めた堀尾は、今回の試合について「1月に勝った以上、匠選手とはポジション的には並んだと思ってます。この試合は勝った方が一つ上にいくし、負けた方が一つ下がる、お互いに負けられない試合だなと思ってます」と自信を伺わせながら、この一戦に賭ける想いを語った。

 対する匠は昨年8月の戸邊隆馬戦以降、ブランクがあったものの、2・6「Krush.51」で復帰戦を迎え、松下裕太に見事にKO勝利。そして、堀尾との復帰2戦目を前に「この前のファイトはKOで倒して当然。今回、堀尾選手に勝って、新しい道が切り拓けると思います」と、こちらも気合いは十分。

 互いの印象については「匠選手はパンチが巧くて速い。さらに前に出てくるスタイルなので、当たり負けしないように楽しみたいです」(堀尾)、「結構、トリッキーな技も出すし、打ち合いも蹴りも出来るので、オールマイティな選手かな、と。いい試合が出来ると思います」と、相手の実力を認めるコメントを残した両者。

 今回はKrush-55kg級戦線での生き残りを賭けた試合となるが、その先の展望について堀尾が「僕はずっと55kg級でやっていくつもりです。いま、ベルトは同門の大雅選手が持っていて挑戦は難しいと思うんですけど、そこであきらめるのではなく、いつでもベルトに繋がるような試合をしたいと思います」とKrushの王座への思いを述べると、匠は「同門の卜部兄弟や武尊は世界を基準に戦ってますし、自分も国内だけじゃなくヨーロッパの選手や、ISKAのベルトに興味があります。いろいろ挑戦するためにも、この試合で負けたら終わりだと思っているので、すべてを賭けて戦います」と、世界進出を視野に入れた、不退転の決意を語った。

 また質疑応答で今大会から一週間後に開催される4・19K-1代々木大会でのK-1 WORLD GP-55kg初代王座決定トーナメントに関して、その意識を問われると、それぞれ「K-1しか観ないお客さんもいると思いますけど、Krushはまた別というか、そういうことに関係なく、“Krushの55kg級にはこの二人がいる”とアピールできるような試合がしたいです」(堀尾)、「55kg級で一番速いファイターはKrushにいるということを証明したい(匠)と、揃ってKrushでの戦いに対する誇りを口にした。

 注目の初対決となるKrush-55kg級のトップファイター同士の潰し合い。果たして勝利を収め、その先に進むのはどっちだ?

≫ Krush.53大会概要
≫ 匠 選手データ
≫ 堀尾 竜司 選手データ

  • 匠VS堀尾竜司
  • 匠VS堀尾竜司02
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます