ローンでの有担保と無担保はどう違うのか

ローンには有担保ローンと無担保ローンと大まかに2種類あります。

有担保ローンは不動産担保ローンなど、無担保ローンはカードローンなどです。

本記事では、有担保ローンと無担保ローンについてご説明していきましょう。

担保が必要な有担保ローン

有担保ローンからお金を借りるには、担保を入れないといけません。

担保が必要になる分だけ、無担保ローンより有担保ローンのほうが高い限度額、低い金利でお金が借りられるのが良い点です。

不動産担保ローンでは文字通り、不動産を担保に入れてお金を借りる形となります。

価値のある担保を持っていない方は、有担保ローンからお金を借りるのが難しいです。

ほかにも有担保ローンで注意したいのが、万が一返済できなくなると入れた担保を失ってしまうリスクです。

担保なしで借りられる無担保ローン

無担保ローンであれば、担保なしでお金が借りられます。

不動産など価値のある担保を持っていない方でも大丈夫です。

その代わりに有担保ローンより、無担保ローンのほうが低い限度額、高い金利となる傾向があります。

無担保ローンで返済困難になったときは、給与や口座差し押さえのリスクがあります。

無担保ローンは担保なし、保証人なしで済むからといって、無理のある利用は禁物です。

まとめ

有担保ローンはまとまった金額を低金利で借りたいとき、無担保ローンは比較的少額の資金を手軽に借りたいときに便利です。

どちらもお金を借りたら、毎月きちんと返済しないといけません。

事前に返済シミュレーションを利用し、無理のない計画を立ててから借りるようにしましょう。