カードローンには本審査の他に簡易審査や仮審査も!それぞれの違いを紹介

カードローンの審査は簡易審査・仮審査・本審査に分けられます。

それぞれの審査には、どんな違いがあるのか知りたい方は次をご覧ください。

少ない情報だけで受けられる簡易審査

カードローンの簡易審査は年齢・年収・他社借入状況など、少ない情報だけで受けられます。

公式サイトに簡易審査のページを用意するカードローンがよく見られるため、利用したいときは情報を入力しましょう。

仮審査・本審査と違い、情報入力後すぐに診断結果が出ます。

「融資可能です」といった内容の文字が表示されたら、良好な診断結果となります。

逆に「融資の判断ができませんでした」といった内容だった場合は、あまり良くない診断結果です。

属性スコアリングが行われる仮審査

カードローンの仮審査では、申込み者の属性を点数化していく属性スコアリングがよく行われています。

スコアリングの対象となる属性は年齢、職業、雇用形態、勤続年数、居住形態、家族構成、保険の種類など様々です。

スコアリングはコンピューターで行われることが多く、比較的早めに審査結果が出ます。

他にも仮審査では申込み者の個人信用情報を照会し、過去のクレジットやローンの履歴を調べることが多いです。

属性が高く、個人信用情報にキズのない方は仮審査が有利になります。

在籍確認などが行われる本審査

カードローンの本審査では、申込み者の勤務先に電話をかける在籍確認がよく行われます。

申込み者本人が電話に出られなくても、勤務先の人が在籍確認できるような答え方をすれば無事に完了です。

他にも本審査では本人確認書類、収入証明書類といった書類の確認も行っています。

まとめ

カードローンの簡易審査をパスしても、仮審査・本審査は受けられます。

属性が低く審査に自信がない方は、仮審査・本審査を受ける前に簡易審査を試してみると良いでしょう。

簡易審査の結果が悪くても、個人信用情報にはキズが付きませんので安心です。