カードローンでは就職内定者も借り入れが出来るのか?

カードローンで行われる審査では、申込み者の収入を確認しています。

一般的には収入が高くなるほど、カードローン審査に有利です。

しかし、就職内定者だとまだ給与を得ていないためカードローンの審査に通るのか不安に感じることでしょう。

安定した収入が必要

カードローンの申込み条件に「安定した収入」とある場合が多いです。

就職内定者であっても、アルバイトなどで安定した収入を得ていれば、カードローン審査に通ることがあります。

全く働いておらず、収入ゼロという場合は就職内定者であっても、カードローン審査が厳しいです。

学生でも申込みできるカードローンへ

審査の厳しいカードローンでは、アルバイトで安定した収入を得ていても、学生だと申込みできないことがあります。

内定を受けている学生さんでお金を借りたい場合は、学生でも申込みできるカードローンを選びましょう。

ただし、カードローンの申込みは20歳以上という年齢条件には注意してください。

入社後にすぐに借りられる?

アルバイトなどで働いていない就職内定者であっても、入社後であれば給与が貰えますよね。

入社後すぐにカードローンへ申込みしても、お金が借りられるのでしょうか。

入社後すぐだと勤続年数が短いため、カードローンの審査は不利になります。

しかし、収入を得ていない入社前より、入社後のほうがカードローンの審査に通りやすいです。

新社会人の方は勤続年数が短いのが当然のため、勤続年数が短くてもお金が借りられることがあります。

まとめ

就職内定者でも、アルバイトで安定した収入があればカードローンからお金が借りられる可能性があります。

アルバイトで働いていない就職内定者の場合は、急ぎでもない限り、入社後までカードローンへの申込みを待つと良いでしょう。

給与を貰えたことで、お金じたい借りずに済むこともありますよ。