カードローンの自動審査について内容と仕組みを紹介

カードローンの申し込みを行うと、最初に行われるのが自動審査です。

自動審査の具体的な内容は、

①年齢

②勤続年数

③年収

④職業

⑤雇用形態

⑥借入先件数

⑦借入総額
など、様々な申込情報を点数化し、合否を算出します。

それぞれポイントが割り当てられ、総合点数が合格ラインを超えていれば自動審査は通貨です。

カードローン審査の自動審査の具体的な内容と仕組みについて解説します。

自動審査では申し込み情報を点数化して合否を決める

自動審査は、人の手を介さない審査のため自動審査と呼ばれています。

カードローンでは申し込みの際に、様々な情報を入力します。

入力した情報は、全て点数が割り振られ、その総合点が合格ラインに達しているか否かで合否が決定されます。

例えば、年収が低いので点数は低い、代わりに職業が公務員で安定しているので点数が高いと言った具合に、それぞれの項目で審査ウェイトが異なっているのです。

アルバイトでも、借入先件数が無くて、勤続年数が長ければ、自動審査では合格圏内になります。

自動審査に合格したいなら、ここを直す

自動審査に通過したくても、転職とかは無理でしょうから、諦める方は多くいます。

自動審査で効率的に通りたいのであるならば、借入先件数を減らしてください。

借入先件数は自動審査の項目の中でウェイトが多く、おまとめローンや一本化で減らす事が出来やすい項目です。

自動審査の仕組みは、申込内容の総合点で信用力を測るところにあります。

内容をよく理解して、なるべく点数が高くなるように努力しましょう。