ホーム > Krushとは?

Krushとは?

 2008年11月8日、全日本キックボクシング連盟がK-1を主催するFEGの協力の下、全試合K-1ルールの大会としてKrush旗揚げ戦「Krush!〜Kickboxing Destruction〜」が行われ、日本のトップファイターたちが団体の枠を超えて参戦。山本元気vs桜井洋平というビッグマッチを実現させ、大きな注目を集めた。

 2009年7月より、グッドルーザーが中心となり大会を開催し、タレントが豊富なライト級(-60kg)にて全16選手が参加した「Krushライト級グランプリ2009」を開催。1回戦から数々のドラマティックな試合が続き、山本真弘が優勝を果たし、60kg最強の座に就いた。

 2010年に入ると海外選手も招聘し、さらにはK-1MAXで活躍する山本優弥、佐藤嘉洋、大和哲也らの参戦を実現させ、新宿FACEでは新世代ファイターのための大会もスタートするなど、大会の規模を拡大していく。

 そして遂に-55kg・-60kg・-63kg・-70kgの全4階級で初代王座決定トーナメントを開催。2011年4月30日に-55kg級・瀧谷渉太、-60kg級・卜部弘嵩、-63kg級・梶原龍児の三王者が生まれ、同年7月16日に健太が-70kg級王者となった。

 各階級のチャンピオンが決まり、そのベルトを巡る戦いはもちろん、2011年8月からはISKA世界王座を中心とした世界路線や海外イベントとの交流も始まり、22歳以下限定の「Krush YOUTH GP〜-63kg Supernova Tournament〜」(2011王者は野杁正明)、総当り形式のリーグ戦「WILD RUSH LEAGUE」など、バラエティ豊かな試合を行っている。また2011年9月からは独自のKrushルールを制定したことで、よりスピーディで膠着のないアグレッシブなファイトが繰り広げられるようになった。

 Krushは既存の立ち技格闘技の概念を壊し、進化を続けている。


Krush.74
2017/3/3 18:00開始
後楽園ホール

Krush.75
2017/4/2 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます