ホーム > お知らせ > 「Krush.78」8.6(日)後楽園 連勝を狙う栗原圭佑と復活に燃える松下大紀が激突!「殴り合って倒す」(栗原)VS「軽く殴って倒す」(松下)

お知らせ

「Krush.78」8.6(日)後楽園 連勝を狙う栗原圭佑と復活に燃える松下大紀が激突!「殴り合って倒す」(栗原)VS「軽く殴って倒す」(松下)

[2017/06/12]

 6月12日(月)新宿区・GSPメディアセンターにて記者会見が行われ、8月6日(日)東京・後楽園ホール「Krush.78」の対戦カードが発表された。

>>詳細

 -65kg Fightで栗原圭佑vs松下大紀のハードパンチャー対決が実現した。栗原は抜群の身体能力で-65kg戦線で活躍。強烈なパンチを武器とし「Krush.76」5.28後楽園大会ではダウンの応酬の末に眞暢から判定勝利を奪った。

 対する松下は超攻撃的なファイトスタイルでデビューから7戦6勝1分と無敗街道を驀進。「Krush.73」2.18後楽園大会で小宮由紀博にプロ初黒星を喫し、続く「Krush.75」4.2後楽園大会では左右田泰臣にKO負け。今回は2連敗からの再起戦となる。

 会見に出席した両者は前回の試合を振り返りつつ、今回の一戦に向けた意気込みを語った。

栗原圭佑
「またこうしてチャンスをもらえてうれしく思います。松下選手とは殴り合い出来そうなので楽しくなりそうですね。(前回の試合を振り返って)結構殴り合いが出来て楽しかったし、殴り合いの末に勝てたのが良かったですね。

 反省点はいっぱいあるんですけど、僕はガードが低いので次はガードを上げて、相手のパンチをもらわないようにします。それじゃあ殴り合いにならないかもしれませんが(笑)、ガードを上げて頑張ります」

松下大紀
「自分は今連敗中なのでしっかり栗原選手を倒して復活して、また上の選手と戦ってK-1ファイターを倒していきたいです。(前回の試合を振り返って)メンチ切りだけ盛り上がったかなくらいで(苦笑)良かったところはなかったですね。左右田選手はガードしてもパンチが重いし、おでこでパンチをくらっても効いちゃって。そういうところが世界で戦う人間は違うと思いました。

(左右田選手からのメッセージは?)『よかったよ』や『K-1でまたやろう』と言ってくれてうれしかったのですが、負けた気持ちは忘れません。次に戦う時は1Rで倒せるくらい実力をつけて、期待されている分を返したいです」

 今大会のメインイベントではKrush-65kgタイトルマッチとして王者・中澤純vs挑戦者・左右田泰臣が行われる。

 両者にタイトルマッチについて聞くと、松下は「左右田選手が獲っちゃうと思うんですけど、そうなったら僕が左右田選手に挑戦してベルトとマスクを獲っちゃおうと思います」と左右田へのリベンジを希望。

 栗原も「もともとKrushのベルトを持っていた先輩がうちのジムにいたので、次は俺がベルトを獲りに行きたい」と松下戦の先にベルトを見据えている。

 会見の最後、松下が「栗原選手は殴り合うと言っているけど僕が軽く殴れば倒れると思うので、そこをしっかり見ていてください」と言えば、栗原は「倒れないように殴り合いをして俺が倒して勝ちたい」。KO決着の予感漂う一戦、殴り勝つのは栗原か? 松下か?

  • 1497275165_0sp.jpg

Krush.77
2017/7/16 18:00開始
後楽園ホール

Krush.78
2017/8/6 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます