ホーム > お知らせ > 復活を遂げたKANAが大いなる野望を語る!「次の試合でも生まれ変わる。Krush王座はもちろん、K-1出場も視野に入れてやっていきたい」

お知らせ

復活を遂げたKANAが大いなる野望を語る!「次の試合でも生まれ変わる。Krush王座はもちろん、K-1出場も視野に入れてやっていきたい」

[2017/05/29]

 5月29日(月)東京・新宿区のGSPメディアセンターにて「Krush.76」の一夜明け会見が行われ、約4カ月ぶりの再起戦に勝利したKANAが試合を振り返ると共に今後の目標を語った。

>>詳細

 1月のKrush後楽園大会でメロニー・ヘウヘスに敗れて以来のリングに立ったKANA。過去にメロニーに勝った実績を持つグレイス・スパイサーとの再起戦だったが、3Rにハイキックをダウンを奪っての判定勝利を収めた。

 会見では「復帰戦だったので楽しみもあったんですけど、不安も結構あったので、まずは勝てたことがよかったです。倒しきれなかったことが今後の課題かなという感じです」と話したKANA。「今回は対戦相手を研究するわけではなく、すごく練習して自分が強くなれば勝てるという自信があったので、この勝利は練習の過程の勝利だったと思います」と自分の成長が勝利につながったと振り返る。

 ダウンを奪ったハイキックについては「昨日はセコンドの指示がすごく聞こえていて、左右田(泰臣)さんがずっとローからハイを蹴れと言ってくれていて、いけるタイミングで蹴ろうと思って蹴ったハイキックです。試合中はすごく冷静だったかなと思います」。

 これまで攻撃力が目立っていたKANAだが、昨日はグレイスの攻撃をもらわないディフェンス技術の向上も目立った。

「メロニー戦ではダウンして負けたのでディフェンスだけの練習もやりました」とディフェンスにも力を入れて練習していたと話し「初めて負けて、負けから次の試合までどう過ごしていくか?を考えることも出来ました。自分と向き合って生活することが出来て、心も身体もグレイス戦に向けて生きられたことが結果につながったと思います」と心身ともに最高の状態で戦えたと続けた。

 強敵との再起戦をクリアしたKANAが目指すものはメロニーへのリベンジとKrush女子王座の奪還だ。試合後、メロニーからSNSを通じてメッセージが届いたというKANAは「昨日が完成ではなくて、大宮司さんからも課題があると言われました。その課題を明確にして練習を再開して、もしメロニー選手と拳を交えることになったら、メロニー選手も以前とは違うスタイルで来ると思うので、色々と考えてやろうと思います」と打倒メロニーを視野に入れている。

 会見に同席した宮田充プロデューサーも「本人もシルバーウルフさんもタイトル奪還が目標だと思うので、それがどういう流れで設定するのがいいのかも含めて、前向きに話し合っていければと思います」とKANAの王座挑戦には前向きな言葉を残した。

 最後にKANAは「たくさんの応援ありがとうございました。みなさんの応援のおかげでリングに上がることができるし、普段の練習ができます。次に向けて努力して、精神と身体すべて鍛えて、次の試合も生まれ変わります。もっと進化して、タイトルに向けてもそうなんですけど、K-1も視野に入れてやっていきたいです」とKrush王座返り咲きだけでなく、K-1出場もアピール。完全復活を遂げたKANAの今後の動向から目が離せない!

  • 1496039975_0sp.jpg

Krush.77
2017/7/16 18:00開始
後楽園ホール

Krush.78
2017/8/6 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます