ホーム > お知らせ > 「Krush.76」5.28(日)後楽園 -60kg挑戦者決定トーナメント準決勝 郷州vs闘士・大沢vs横山が火花を散らす!-53kg王座へ向けて隆聖と隼也が激突

お知らせ

「Krush.76」5.28(日)後楽園 -60kg挑戦者決定トーナメント準決勝 郷州vs闘士・大沢vs横山が火花を散らす!-53kg王座へ向けて隆聖と隼也が激突

[2017/05/27]

 5月27日(土)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.76」の前日計量・記者会見が行われた。

>>詳細

 -60kg王座決定戦がメインで行なわれるこの大会だが、同時に挑戦者決定トーナメントも進行中。準決勝として郷州征宜vs闘士、大沢文也vs横山巧が行われる。

 計量では、大沢が時間に遅れ、セコンドに背負われて会場に。規定体重はクリアしたものの、会見でもいかにもコンディションが悪そう。夜中に無意識で水分をとってしまい、体重調整に苦労したという。

 また闘士も「水抜きで入ったサウナで『孤独のグルメ』が流れてました」、郷州は「僕もサウナでグルメ番組見てました」と、それぞれに減量の苦労を語った。

 そんな中、横山だけは「(地元)群馬の異常な暑さのおかげで一週間前に体重が落ちました。炭水化物をとりながら調整できたので調子は万全です」と笑顔。一方で大沢の体調については「試合ができるならいいんじゃないですか」と語った。

 ちなみに横山は会見があると知らず、私服での登場だったが、オーダーメイドのスーツを新調したとのことで「月曜日(一夜明け会見)でお見せします」とも。そんな横山を、大沢は「スーツ着ることはないでしょう。インタビューでそんなに強くないとか言われてムカついてるんで、ぶっ殺します」と睨みつけた。

 郷州は-60kg王座決定トーナメント準決勝で敗れたものの、島野浩太郎の出場辞退によって挑戦者決定トーナメントに敗者復活スライド参戦。

「あきらめきれずに『5月28日、欠場選手が出たら出たい』と頼んでいました。そうしたら本当に決まって。このチャンスを絶対にものにしたい」

 闘士は相手が変わったが、意に介さず。「誰が相手でも僕は僕の試合をするので。郷州選手がきてくれて、Krush的には盛り上がるんじゃないですか。バチバチにやるだけです」と語った。

 また闘士は「トーナメント決勝ではどちらと闘いたいか」という質問に「どっちに上がってきてほしいとかじゃないでしょう。これは挑戦者決定トーナメントなんだから。プロフェッショナルとしての試合をするだけです」と、らしさを感じさせる言葉を残した。


 今大会の第1試合は、隆聖vs隼也ウィラサクレック。注目の-53kgマッチは、同級王者である武居由樹のタイトル返上により、王座決定戦進出者を決める試合に。この試合の勝者は、すでに挑戦権を獲得している軍司泰斗と対戦することになる。

隆聖
「計量を終えて、少しはホッとしてますね、明日はいつも通り、打ち合いたいです。武居選手の王座返上では、隼也選手より僕のほうが残念な気持ちだと思います。

 何がなんでももう一回やりたいと思っていたので。こうなったら自分がベルト巻いて、また挑戦したいですね。相手はこれまでタイトルを3つ取ってる選手。でも、いつも通りの自分を出せば勝てると思います」

隼也ウィラサクレック
「今までとはルールが違うんですけど、ルールが違っても強いっていうところをお見せしたいと思ってます。武居選手がタイトルを返上したのは残念です。武居選手とタイトルマッチがやりたかったので。でもチャンスをもらったので、今回も次もKOして、絶対にチャンピオンになりたいです。

 隆聖選手の印象はあまりなくて、それよりも今回はルールの違いが大きいですね。でも同じジムでゲーオやゴンナパーと練習してしたので。最高の試合、最高のKOで盛り上げたいです」


  • 1495876102_0sp.jpg
  • 1495876359_2sp.jpg

Krush.77
2017/7/16 18:00開始
後楽園ホール

Krush.78
2017/8/6 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます