ホーム > お知らせ > 「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」7.16(日)後楽園 俺の標的は武尊だ!“中国の武尊”ジュングァンが来襲!里見柚己「第1試合の僕がKO勝ちして次につなげます」

お知らせ

「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」7.16(日)後楽園 俺の標的は武尊だ!“中国の武尊”ジュングァンが来襲!里見柚己「第1試合の僕がKO勝ちして次につなげます」

[2017/05/16]

 5月16日(火)東京・新宿区・GSPメディアセンターにて記者会見が行われ、7月16日(日)東京・後楽園ホール「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」の対戦カードが発表された。

>>詳細

 4月3日の記者会見で発表された「日本vs中国・6対6全面対抗戦」の全対戦カードが決定した。先日の「KHAOS.2」で佐野天馬とダウンを奪い合う熱戦を繰り広げた里見柚己が対抗戦に出場。対戦相手は中国の格闘技イベント「GLORY OF HEROES」の第1回57kg4人トーナメント優勝の実績を持つワン・ジュングァンだ。

 ジュングァンは超攻撃的なファイトスタイルから“中国の武尊”と呼ばれ、過去にユン・チーのセコンドとして来日したこともあるファイター。

 その時も「いつか日本で武尊選手と戦いたい」と武尊戦を熱望していたが、今回も主催者を通じて「私は、日本のトップファイターである武尊選手のアグレッシブな戦い方が好きです。長年の憧れだった日本のリングで、強烈なインパクトのある試合をして、いつか武尊選手と戦いたい」と武尊との対戦をアピールしている。

 対する里見も「KHAOS.2」の前日会見で「今K-1・Krushで中国の選手が活躍しているので中国人選手と戦いたい」と中国人ファイターとの対戦を希望しており、ジュングァン戦は願ってもないチャンス。会見ではジュングァン戦へ向けての意気込みを熱く語った。

「まず日本選抜の6人に選んでいただき、すごく感謝しています。僕は以前から中国の選手と試合がしたかったので、試合が決まってワクワクしています。今回は日本人にとって脅威になるメンバーということで怖さはありますが、判定までいくつもりはないので、1Rから倒しに行きます。

(ジュングァンはファン・関係者の評価も高いファイターだが?)KOで勝つのは当たり前だと思っています。相手は“中国の武尊”と呼ばれていて、僕も武尊選手が持っているK-1のベルトを獲りたいと思っています。なので“中国の武尊”と呼ばれている選手に勝って、本物の武尊選手をKOしたいと思います」

 この試合は対抗戦の第1試合に予定されており、里見は日本チームの先陣を切ることにも気合十分。「僕が対抗戦の第1試合ということで、自分がKO勝ちして良い流れを作ります。日本が全勝するために、まずは自分がKO勝ちしようと思います。KO勝ちして次の選手につなげます!」と闘志を燃やした。

 なお会見に出席した宮田充K-1プロデューサーによれば、今大会は入場式などが行われるため、本戦は対抗戦6試合+2試合の全8試合として開催。会場内も対抗戦ムードを盛り上げる演出が施される予定で、中国から2名のラウンドガールも来場。ラウンドガールでも日本vs中国の“対抗戦”になる見込みだ。

  • 1494933339_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール

Krush.77
2017/7/16 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます