ホーム > お知らせ > 「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」7.16(日)後楽園 因縁!?の佐野天馬vsユン・チーが実現「間違いなく今までで一番大事な試合。しっかり勝ちたい」(佐野)

お知らせ

「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」7.16(日)後楽園 因縁!?の佐野天馬vsユン・チーが実現「間違いなく今までで一番大事な試合。しっかり勝ちたい」(佐野)

[2017/05/16]

 5月16日(火)東京・新宿区・GSPメディアセンターにて記者会見が行われ、7月16日(日)東京・後楽園ホール「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」の対戦カードが発表された。

>>詳細

 K-1・Krushで武尊や小澤海斗と激闘を繰り広げてきたユン・チーが対抗戦に登場。Krush-58kgのトップファイターとして活躍する佐野天馬との対戦が決まった。

 ユンは今回が4度目の来日で、今回の対抗戦をコーディネートしたCFP(チャイニーズ・ファイティング・プロモーション)の岩熊宏幸代表によれば「ユン・チーは小澤戦の敗北を非常に悔やんでいて、今回の選抜戦に入って気合いが入っています」と闘志を燃やしているという。

 強敵との対戦を前に「みんなが知っているトップファイターと試合が組まれてワクワクしています。外国人選手と戦うのも初めてなので楽しみです。間違いなく今までで一番大事な試合なのでしっかり勝ちたいと思います」と語った佐野。

 ユン・チーの印象については「拳が固いのかなと思います」とする一方「あとは特にないですね。練習に関しては特に変えようと思ってなくて、いつも通りの自分を出せば勝てるかなって思います」と自信をみなぎらせた。

 実はこの両者の間には少なからず因縁がある。以前、佐野が自身のTwitterでユン・チーはかっこよくないと発言。ユンが主催者を通じたコメントで「対戦相手が佐野選手だと聞いて、とてもエキサイトしている。実力も“ルックス”も自分のほうが遥かに上だと思っているので、リングでキッチリ決着をつける」と佐野への対抗心を露わにしたのだ。

 これについて佐野は「特に何とも思わないです。(どっちがかっこいい?)どうなんですかね、人それぞれじゃないですかね(苦笑)」と深追いはせず。「日本代表として日本を背負うのでしっかり勝って盛り上げたいと思います」とあくまで対抗戦の一試合として勝ちにいくつもりだ。

 因縁の一戦(?)にケリをつけるのは佐野か? それともユン・チーか?

  • 1494925797_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール

Krush.77
2017/7/16 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます