ホーム > お知らせ > 「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」7.16(日)後楽園 小宮由紀博が“中国最強の男”チュー・ジェンリャンを迎え撃つ!「自分の力を出せる相手だと思うので、思い切って戦う」

お知らせ

「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」7.16(日)後楽園 小宮由紀博が“中国最強の男”チュー・ジェンリャンを迎え撃つ!「自分の力を出せる相手だと思うので、思い切って戦う」

[2017/05/16]

 5月16日(火)東京・新宿区・GSPメディアセンターにて記者会見が行われ、7月16日(日)東京・後楽園ホール「Krush.77 ~日本vs中国・6対6全面対抗戦~」の対戦カードが発表された。
>>詳細

 4月3日の記者会見で発表された「日本vs中国・6対6全面対抗戦」の全対戦カードが決定した。トップファイターがずらりと名を連ねた中国勢の中で、最も注目を集めているのが2016年WLF-67kg級世界カンフー王者のチュー・ジェンリャンだ。

 ジェンリャンは日本のファンの間でも来日が待たれていた“中国・中量級最強の男”。これまでイリアス・ブライド、ジョムトーン、モサブ・アムラーニといった世界のトップを次々と倒してきたファイターで、今回の対抗戦をコーディネートしたCFP(チャイニーズ・ファイティング・プロモーション)の岩熊宏幸代表も「ジェンリャンを招聘できたことは本当にうれしい」と語るほどだ。

 待望の日本初登場となるジェンリャンは主催者を通じて「小宮選手は、日本ではレジェンド的な強さを誇るファイターだと聞いています。ただ、私も中国のトップファイターという自負を持っています。7月16日は、お互いの能力を発揮し合い、ファンを魅了するような試合をしましょう」と語っている。

 そのジェンリャンを迎え撃つのはベテランの小宮由紀博だ。「Krush.75」4.2(日)後楽園での-65kg王座決定トーナメント決勝で中澤純に敗れて以来の試合となる小宮は「前回の試合で敗れてしまって、モチベーションが下がってしまったんですけど、このような機会をいただいて、いい試合をすることしか考えていないです。またKrushに呼んでいただき光栄に思うと共に、中国人の強い選手と戦えることを自分自身すごく興奮しています」と現在の心境を明かす。

 対戦相手のジェンリャンについては「相手の映像を見て、すごくいい選手だと思いました。映像を見ても、パンチも蹴りもバランスがいい。ガードが固い中で、上手く試合を組み立てる選手だと思います」。ジェンリャンの強さを認めつつ「強い選手に向かっていくのが、僕の格闘技のモチベーションであり、やるべきこと。僕自身の力を出せる相手だと思うので、思いっきり戦っていこうと思います」と闘志を燃やす。

 また対抗戦の副将に選ばれたことについても「いい形で試合を組んでもらったので、Krushの大会全体を盛り上げられるような試合をしたいと思います。とにかくいい試合をすることだけに、こだわって勝ちにいきたいと思います」とモチベーションは高い。

 会見に同席した宮田充K-1プロデューサーは「ベルト絡みではなく一人の強いファイターと対戦することで、小宮選手の良さや試合への想いが出て、いい勝負になると思ってオファーさせていただきました。この試合は間違いなくいい試合になるだろうと確信しました」と小宮の奮起に期待を寄せる。百戦錬磨のベテラン小宮と“中国・中量級最強の男”ジェンリャンの一戦は激戦必至だ!

  • 1494921398_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール

Krush.77
2017/7/16 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます