ホーム > お知らせ > 西京春馬、エリアス・マムーディ撃破で更なる飛躍を誓う!「次は小澤海斗選手と戦わせてもらいたい」山際和希は次戦での巻き返しに燃える

お知らせ

西京春馬、エリアス・マムーディ撃破で更なる飛躍を誓う!「次は小澤海斗選手と戦わせてもらいたい」山際和希は次戦での巻き返しに燃える

[2017/04/03]

 4月3日(月)東京・東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて「Krush.75」の一夜明け記者会見が行われ、エリアス・マムーディに判定勝利した西京春馬が会見に出席した。

>>詳細

 プロ10戦目にして、初代K-1フェザー級王座決定トーナメント3位のエリアスと拳を交えた西京。「プロ10戦目で相手が世界3位ということで今まで一番緊張しました」というものの、試合ではエリアスの猛ラッシュやロングリーチから繰り出す攻撃を上手く対処し、しっかりと勝利を引き寄せた。

「エリアス選手は手足が長いので、距離は大事に戦おうと思ったんですけど、実際には僕とあまり距離が変わらなかったかなと思います。相手のラッシュが来ても攻撃が見えたんでもらわずに済みました。

 今回は勝ち方にこだわろうと思っていたのですが、倒すことが出来ませんでした。でも勝てたことはよかったと思うし、ホッとしています。初めてヨーロッパの強豪と戦って、エリアス選手とは同学年なので絶対に負けたくなかったし、勝って自信になりました」

 エリアス撃破で飛躍のきっかけを掴んだ西京は「判定勝ちで生意気かもしれないですけど…」と前置きしつつ「世界1位が武尊さん、2位が小澤海斗選手で、3位のエリアス選手に勝ったんで次は小澤選手とやらせてもらいたいです」と現Krush-58kg王者の小澤海斗との対戦をアピール。西京のこれからの活躍と飛躍に期待大だ!


 また会見には渡部太基に勝利した山際和希も出席。過去に一度敗れている元-67kg王者の渡部にリベンジを果たした山際だったが、会見では宮田充プロデューサーから「勝つことを大前提でやるものですが、前に出る姿勢に欠ける勝利は次につながらない。山際選手はリベンジを果たしたかもしれませんが、前に出る気持ちでKOを目指してほしかった」という厳しい言葉もあった。

 山際自身「昨日の試合は勝つことは出来ましたが、盛り上がる試合ができなかったので、反省しています。お褒めの言葉もありましたが、厳しい言葉もいただきました。厳しい言葉は真摯に受け止めて戦っていきます」とコメント。

「前回の反省もあって、倒す姿勢に欠けた試合になってしまいました。渡部選手が距離をつめてきて蹴りを出せなかったのも一つの理由だと思います。またチャンスをいただけるのなら、下がらずに手数出して、KOを狙っていきたいと思います。色々と言える立場ではないですが、次はいい試合をしたいと思います」と巻き返しを誓った。


  • 1491220440_0sp.jpg
  • 1491222792_2sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール
Krush.77
Krush.77
2017/7/16
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます