ホーム > お知らせ > マスクマン左右田泰臣、-65kg王座挑戦は運命だった!?「僕がKrushのベルトを獲って、K-1スーパー・ライト級のベルトに向かうわけですよ」

お知らせ

マスクマン左右田泰臣、-65kg王座挑戦は運命だった!?「僕がKrushのベルトを獲って、K-1スーパー・ライト級のベルトに向かうわけですよ」

[2017/04/03]

 4月3日(月)東京・東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて「Krush.75」の一夜明け記者会見が行われ、Krush初参戦で松下大紀にKO勝利した左右田泰臣が会見に出席した。

>>詳細

 K-1初のマスクマン(?)としてKrushのリングに上がり、松下を右ストレート一撃でマットに沈めて会場を沸かせた左右田。松下へのマイクやメイン終了後に-65kg王者・中澤純に対戦表明するなど、Krush初参戦にしてMVP級のインパクトを残した。

 左右田は自身のオリジナル「LIBERTAD」(※スペイン語で自由)キャップ&マスク&ジャンパー姿で会見場に姿を現すと、松下戦を振り返りつつKrushファイターたちに痛烈なメッセージを残した。

「昨日は、Krushの刺激をたくさん受けることができました。松下選手に引き出してもらって、試合前からゾクゾクして楽しかったですね。KrushはK-1とも違った刺激が多くて、結果的には1Rで終わりましたけど刺激の濃いリングでした。

 試合展開についてはずっと練習しているボクシング、去年から意識して練習しているムエタイの蹴り。それをシルバーウルフで大宮司(進)さんに調整してもらい、いい感じに組み合わさってきたのかなと思います。

(昨日の大会で唯一のKO勝利になったが)皮肉なことにKrush初参戦の僕が一番Krushらしい試合をしてしまったかなと思います。その現状をKrush-65kgの選手はどう思ったのかなと思います。

(王座挑戦アピールについて)初めて僕がKrushのリングに上がった同じ日のメインイベントで同じ階級のタイトルマッチが行われたというのは運命なのかなと思って、気づいたらリングに向かっていました。

 それで全試合終了後にリング上でベルト挑戦アピールをしましたが、他のKrushファイターは誰も出てこなかった。彼らは何のためにKrushで戦っているのかなと思いましたが……Krushはまだまだそんなもんじゃないだろ!と思っています。

 まあ僕はKrush-65Kgベルトを獲って、K-1のスーパー・ライト級のベルトに向かうわけですよ」

 昨日の対戦アピールでは「ま・ず・は…Krushのベルトを獲る」という挑発的な表現もあったが、左右田は改めてKrush-65kgのベルト=K-1スーパー・ライト級のベルトを獲るためのものと言い切った。

「僕はずっとKrushのリングに上がるのはK-1のベルトを獲るためと言っているので、その意味も込めた『ま・ず・は』ですね。

『ま・ず・は』ではベルトは獲れないし、ファンの支持も得られない? Krushというリングなので、そういうジンクスも壊していこうかなと思います」

 一夜にしてKrush-65kgの要注目ファイターとなった左右田。不穏なマスクマンの今後の動向から目が離せない!


  • 1491218802_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール
Krush.77
Krush.77
2017/7/16
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます