ホーム > お知らせ > 初防衛に成功した女子王者メロニー・ヘウへス、Krushを背負うチャンピオンになりたい!「Krushのベルトを防衛して、また日本に戻って来られることがとても嬉しい」

お知らせ

初防衛に成功した女子王者メロニー・ヘウへス、Krushを背負うチャンピオンになりたい!「Krushのベルトを防衛して、また日本に戻って来られることがとても嬉しい」

[2017/04/03]

 4月3日(月)東京・東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて「Krush.75」の一夜明け記者会見が行われ、初防衛に成功した女子王者メロニー・ヘウへスが試合を振り返るとともに今後の目標を語った。
>>詳細

 メロニーは挑戦者・紅絹との接戦を制して初防衛に成功。会見では「満足いくパフォーマンスではなかったけど、結果的に勝つことで出来て良かった」と一夜明けての心境を語る。

 紅絹と戦った印象を聞かれると「特に戦い難い印象はなかった」としつつ「私と紅絹のファイトスタイルが違う印象を受けた。前回対戦したKANAは私と同じでアグレッシブなスタイルだから、アグレッシブな試合になったけど、彼女はディフェンス主体の選手だったから、KANA戦とは違う試合になったと思う」。

 パンチも蹴りもどちらも効かせられた手応えがあり「紅絹の顔が見ても分かる通り、かなりパンチは当たっていた」というメロニ―だが「距離を取る紅絹を追いかけてダウンを奪えなかったことが心残り」と決定打がなかったことを悔やんだ。

 今後については「Krushのベルトを防衛できて嬉しい。防衛戦でまた日本に戻って来られるのでとても嬉しい」と笑顔を見せたメロニー。試合後にはKANAと会話したことを明かし「KANAとは『いい試合だった』という話をした。彼女がKrushのベルトを目指して戦うなら、またいつか戦うこともあると思う。KANAとは『また会いたいね』と『また試合をしよう』と言葉をかわした」とKANAとの再戦にも意欲を見せた。

 会見の最後にメロニ―は「一つお願いがあって、コスチュームにKrushのロゴを入れさせてもらいたい。私はKrush以外のイベントで試合をするときにKrushを代表する気持ちを持って戦いたい」と自らKrushを背負う存在になると宣言。Krush女子の外国人エース・メロニ―の次戦に注目だ。

  • 1491211935_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール
Krush.77
Krush.77
2017/7/16
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます