ホーム > お知らせ > 第5代-65kg王者・中澤純、チャンピオンになっても倒す試合を貫く!「倒しに行くのが格闘技。これからもお客さんが喜ぶ試合をする」

お知らせ

第5代-65kg王者・中澤純、チャンピオンになっても倒す試合を貫く!「倒しに行くのが格闘技。これからもお客さんが喜ぶ試合をする」

[2017/04/03]

 4月3日(月)東京・東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて「Krush.75」の一夜明け記者会見が行われ、第5代-65kg王座に就いた中澤純が試合を振り返るとともに今後の目標を語った。
>>詳細

 第5代-65kg王座決定トーナメント決勝で小宮由紀博に判定2-1で勝利して、悲願のKrush王者となった中澤。

 試合中のバッティングで左目こそ腫れてしまったが「思っていた通り(小宮は)特に怖い攻撃はなかったです。駆け引きという部分では相手が『これを狙っているな』というのを感じながら試合が出来たし、試合をしながら楽しかったですね。一皮むけたかなと思います」と話し、試合展開を振り返った。

「1・2Rはローキックが効いていたのが分かって、セコンドの指示でも相手はダメージがあると言われたので、1・2Rはポイントを取っていたなと思いました。3Rにバッティングでカットしてから小宮選手が前に出てきたので、そこは見栄えが悪かったのかなと思います。でももし延長に入っても体力的には僕の方が圧倒的に上だったのかなと思います」

 試合直後のインタビュースペースでは「まだベルトを巻いた実感がない」と話していた中澤は「まだ試合が終わって24時間経ってないので、なんとも言えないですけど、SNSで色んな人が自分の試合について書いてくれて良かったなと思いました」。ベルトを獲った喜びよりも「ホッとしているという方が強い」と安堵の表情を浮かべた。

 試合直後には左右田泰臣が挑戦表明する場面もあり、宮田充プロデューサーは中澤の次戦について
「左右田選手から挑戦表明があり、-65kgはK-1でも日本・海外の強豪がたくさんいる階級です。今後についてはすぐに次の試合を話したい」と話した。

 中澤は左右田の挑戦表明に対して「僕はファイターなので言われた試合を戦うだけ。(左右田とは)近々でもいつでもいいですよ」とし「これからもお客さんの喜ぶ試合をしたいです。昨日はKO出来なくて、凄い悔しかったんですけど倒しにいくのが格闘技だと思います。チャンピオンになっても今まで通りに倒しに行きます」と王者としての意気込みを語った。


  • 1491209980_0sp.jpg

Krush.77
2017/7/16 18:00開始
後楽園ホール

Krush.78
2017/8/6 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます