ホーム > お知らせ > 「Krush.77」7.16(日)後楽園 「日本vs中国~6対6・全面対抗戦~」にウェイ・ルイ級の怪物たちが襲来!中国・最強軍団を弘嵩・HIROYA・小宮山・上原が迎え撃つ

お知らせ

「Krush.77」7.16(日)後楽園 「日本vs中国~6対6・全面対抗戦~」にウェイ・ルイ級の怪物たちが襲来!中国・最強軍団を弘嵩・HIROYA・小宮山・上原が迎え撃つ

[2017/04/03]

 4月3日(月)東京・ホテルメトロポリタンエドモントにて記者会見が行われ、7月16日(日)東京・後楽園ホール「Krush.77」の大会概要が発表された。
>>詳細

 すでに“特別大会”として行われることが発表されていた「Krush.77」で「日本vs中国~6対6・全面対抗戦~」を行うことが決まった。

 この対抗戦はKrushと中国の格闘技イベント「GLORY OF HEROES」(以下、GOH)による対抗戦で、日本と中国のトップファイター6選手が出場。Krushとしては初の試みとなる大規模な海外との対抗戦だ。

 会見にはKrush実行委員会の宮田充プロデューサー、Krushと中国の交流をサポートし、今回の対抗戦をコーディネートしたCFP(チャイニーズ・ファイティング・プロモーション)の岩熊宏幸代表、そしてGOHのグゥオ・チェンドン ファウンダーが出席し、それぞれ対抗戦に向けてコメントした。


岩熊宏幸代表
「今回の対抗戦をコーディネートさせていただくことになりました。これまでCFPは中国の団体や選手をKrushさんにご紹介させていただいたのですが、GOHは昨年旗揚げした団体です。今中国で非常に勢いがあり、初代K-1ライト級王者ウェイ・ルイなど中国の強豪ファイターを有する団体です。

 今回はそのGOHから『日本のKrushと対抗戦をできないか?』という話があり、このような運びとなりました。先ほどもお話した通り、GOHは本当に強い選手たちがいる団体です。日本人6選手を全員倒すんじゃないかという相手を準備しています。

 GOHのチェンドン氏とは長く交流があり、今後もこの関係が続いていく思っています。中国も今回の対抗戦に力を入れているので、みなさんに期待してもらえる強いファイターたちを連れてきてくれると思います」

宮田充プロデューサー
「Krushは各階級のタイトルマッチを中心にイベントを開催してきましたが、海外の特定の国との大規模な対抗戦は今回が初めてとなります。会場の演出や雰囲気もいつもとは一風変わった“日本vs中国”を打ち出したものにして、会場作りをやっていきたいと思います。イベントという意味でも挑戦したいですし、対抗戦をやるからには全勝を目指すメンバーを選定します」

グゥオ・チェンドン ファウンダー
「岩熊さんとは長く関係を築いており、今回このような機会をもうけて対抗戦ができることを喜ばしく思います。私たちGOHはウェイ・ルイなど強豪選手が在籍する大東翔クラブを持っている団体です。今回の対抗戦には6選手を派遣できることで、中国全土から最強軍団を結成して対抗戦に向かいたいと思っています。今回の対抗戦では日本と中国のアジア最強の格闘技団体のコラボレーションをやっていきたいと思っています」

 そして対抗戦の出場予定選手として日本からは元K-1スーパー・フェザー級王者の卜部弘嵩を筆頭にHIROYA、小宮山工介、上原誠の豪華メンバーが勢ぞろい。

 対する中国からは日本でお馴染みのユン・チーをはじめ、“中国・中量級最強の男”として注目を集めているチュー・ジェンリャン、VS日本人無敗を誇るティエ・インホァ、そして中国国内でウェイ・ルイとライト級のトップ争いを続けているドン・ザーチーの出場が発表された。(残りの2選手・対戦カードは後日発表)


 質疑応答で宮田プロデューサーとチェンドン氏は対抗戦のメンバーについて言及。宮田プロデューサーは気になる注目選手としてジェンリャンの名を挙げ、チェンドン氏は「このメンバーに日本の選手が勝つ可能性は限りなく低い」と豪語した。

宮田充プロデューサー
「まず7月にコンディションを整えやすい選手を第一に、これまでの実績を加味してメンバーを考えました。例えば上原誠くんはK-1でやってきた選手ですが、今回のような大会で“日本”という観点でジムさん・選手と調整し、ファンが熱を持って会場に来てくれる選手をチョイスしました。残り2選手も対抗戦にふさわしい選手と考えたいと思います。

(注目している中国人ファイターは?)チュー・ジェンリャンですね。昨年6月に中国に招いていただいた際、ゲストの魔裟斗くんと一緒にジムに行って技術指導をする時間がありました。その時、多くの中国人選手がいた中で、魔裟斗くんに一番質問をしていたのがジェンリャンでした。

 以前から名前は聞いていたのですが、体格や動きに目を見張るものがあったし、綺麗な目をしているファイターだと思いました。魔裟斗くんも『いい選手ですね』と言っていて、いつか日本のリングで試合をしてほしいと思っていた選手です。

 ウェイ・ルイもそうでしたが、この選手は間違いなく一発で日本のファンにインパクトを与えると思います。みなさんもチュー・ジェンリャンには大注目していてください。

 またティエ・インホァとドン・ザーチーも今回の対抗戦の中で名前が出てきた選手で、動きもビジュアルも一線級のファイターで、この4人の中ではユン・チーが新鋭になると聞いています。

 中国のトップ選手3人が来ることになり、心してかからないと日本勢が負けるという気持ちをひしひしと感じています」

グゥオ・チェンドン ファウンダー
「これまでKrushとは選手の交流もやっていますし、Krushのことは中国のファンも知っています。私の認識としては日本で最強の格闘技団体だと思っています。

 対抗戦には中国から4選手が出場することになりますが、我々にとってユン・チーはまだ新世代のファイターです。ジェンリャン、インホァ、ザーチーの3選手はユン・チー以上に実績も経験もある優秀なファイターです。

(注目している日本人ファイターは?)卜部弘嵩選手とHIROYA選手に注目しています。ただし彼らはとてもいいファイターだと思いますが、我々の用意するファイターと戦うことになったら、彼らが勝つ可能性は極めて低いと思います」


 また宮田プロデューサーとチェンドン氏は今後の交流についても話し、お互いに前向きなコメントを残している。

宮田充プロデューサー
「今回の対抗戦は我々と岩熊さんを通じての仕事の歴史があってのものです。対抗戦は勝つことを前提にやるものですが、イベントとしては新しい試みでファンの人たちに喜んでもらい、たくさんの人が会場に来てくれることが成功だと思います。

 新たな試みにどんどん挑戦したいですし、日本から中国に行く選手も増えています。これを単発で終わらせず、より大きくしていくことが僕らの課題です。まずは7月をご期待ください」

グゥオ・チェンドン ファウンダー
「今後の目標は毎年シリーズ的に私たちとKrushでこのようなイベントを打っていけたらいいなと思います。私たちは今回出場するメンバー以外にも強いファイターを持っていて、彼らを紹介できるチャンスだと思います。これから(Krushと)長く友好的な関係を続けていくことが希望です」

 会見が一通り終わり、フォトセッションに移ろうとした際、チェンドン氏がおもむろにマイクを持ち「宮田さんはかつてリングアナウンサーをやられていたそうですが、実は私もGOHでリングアナウンサーをやっています。せっかくなので私と宮田さんでリングアナウンサー対決をしませんか?」。

 思わぬ対戦要求に「もう4年くらいリングアナウンスから遠ざかっているのですが…」と困惑する宮田プロデューサーだったが「喜んで受けて立ちます。日本勢の足を引っ張らないように先鋒戦のつもらいでやらせてもらいます」と承諾。思わぬ形で新たな対抗戦の追加カード()?が決定した。

「このメンバーが揃えば我々が99%勝利するでしょう」と自信たっぷりのチェンドン氏に対し、宮田プロデューサーも「90%日本が勝つメンバーを選定して臨みたい」と譲らず。日中のトップファイターが勢ぞろいする全面対抗戦の結末はどうなる!?


  • 1491200704_0sp.jpg
  • 1491200704_2sp.jpg
  • 1491200704_3sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール
Krush.77
Krush.77
2017/7/16
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます