ホーム > お知らせ > 「Krush.75」4.2(日)後楽園 不穏なマスクマン左右田泰臣「僕はこのマスクと共にリングで生きていく」、松下大紀は打倒・左右田で「おいしいところをいただく」

お知らせ

「Krush.75」4.2(日)後楽園 不穏なマスクマン左右田泰臣「僕はこのマスクと共にリングで生きていく」、松下大紀は打倒・左右田で「おいしいところをいただく」

[2017/04/01]

 4月1日(土)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.75」の前日計量・記者会見が行われた。

>>詳細

 第6試合はKrush初参戦の左右田泰臣と-65kg期待の新鋭・松下大紀による一戦だ。左右田は今やトレードマークとなったオリジナルのマスク&ウェア姿で会見に登場し「いつも通り仕上げてきたので明日は頑張ります」と一言だけ挨拶する。

 対戦カード発表会見では松下から「負けたらマスクを没収」という言葉も飛び出したが、左右田はマスクへのこだわりを熱く語ったうえで、あっさり松下の要求を却下した。

「僕はデビューしてからうれしいこと、楽しいこと、悲しいこと…色々と経験したうえで最終的にたどり着いたのがこのマスクです。だからこれは僕のすべてです。

 それをこの試合にかけるというのはどうなのかなと思いますし、僕はこのマスクと共にリングで生きていきます。なのでマスクをかけるとかそういうつもりは一切ないです。(松下にも何かをかけてもらう?)僕にはそういう権利もないと思うので、自分の試合をしたいと思います」

 今大会のメインイベントでは第5代-65kg王座決定トーナメント決勝戦が組まれているが、一貫して「K-1ファイターとしてKrushに出る」姿勢の左右田は、この日の会見でも「あくまで僕はK-1のベルトが欲しいので、そのためにKrushのベルトが必要なら照準を合わせていくって感じです」と話した。

 対する松下は「Krush.73」2.18後楽園大会の第5代-65kg王座決定トーナメント準決勝で小宮由紀博にプロ初黒星をつけられて以来の試合。「前回は自分の距離で負けたというのもあって至近距離の練習をしてきたし、足を使って戦う練習もしてきましたた。試合間隔が短いですけど問題ないし、いい試合が出来ると思います」と小宮戦の反省点を修正して左右田に挑む。 

 同じ大会でトーナメントの決勝が行われることについては「トーナメントで負けているからベルトのことは意識している。ポスターを見ても小さいところからスタートだなと思います。今は左右田選手を倒すことだけを意識して戦います」と左右田戦の先に王座挑戦を見据えている。

 最後にファンへのメッセージを求めると「しっかり格上の左右田選手を食って、おいしいところをいただきます」と燃える松下に対して、左右田は「明日会場ロビーにて僕のTシャツとキャップが販売されるので買ってください」と不穏なコメントで締めくくった。

 会見では最初から最後までかみ合うことのなかった左右田と松下。果たして明日の試合はどんな結末を迎えるか?


  • 1491038147_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール
Krush.77
Krush.77
2017/7/16
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます