ホーム > お知らせ > 「Krush.76」5.28(日)後楽園 KANA、女子王座返り咲きへの第2章がスタート!「私がチャンピオンじゃないと盛り上がらない。必ず復活してベルトを巻く」

お知らせ

「Krush.76」5.28(日)後楽園 KANA、女子王座返り咲きへの第2章がスタート!「私がチャンピオンじゃないと盛り上がらない。必ず復活してベルトを巻く」

[2017/03/16]

 3月16日(木)東京・大久保のGSPメディアセンターにて、5月28日(日)東京・後楽園ホール「Krush.76」の参戦選手が発表された。
>>詳細

「Krush.72」1.15後楽園でメロニー・ヘウヘスに敗れてタイトルを失った元女子王者KANAの復帰戦が決まった。

 会見に出席したKANAは「1月15日に初めて敗北をして、5ヶ月弱空いて、5月28日に復帰戦をさせていたただきます。ここからKANAの第2章を始めたいと思います」と挨拶。質疑応答ではプロ初黒星となったヘウへス戦を振り返りつつ、現在の心境を語った。

「前回の試合に負けて気持ち的にも落ちて、10日間ぐらい格闘技から離れてみたんですけど、自分には格闘技しかないと思いました。そこからは悔しさしかなくて、毎日試合のことばっかり考えていました。

(1月の反省点について)初めて欧米の選手と戦って、いつも練習を一緒にやっている男性選手よりもリーチや距離が長く感じました。今までは勢いで勝てていた部分が勢いだけでは勝てなくなったのが現実です。

 また今までは根拠のない自信で戦っていたんですけど、根拠のある自信は根拠のない自信に勝ると思うので、今は根拠のある自信を付けて、次のリングに上がりたいと思います」

 会見に同席した宮田充K-1プロデューサーは「1月にKANA選手がメロニー選手と試合をする際に候補に挙がった外国人選手も数多くいて、その後も海外からKrushで試合をしたいというメッセージが届いている。その中からリストアップすることになると思います」と話し、KANAの復帰戦の相手は外国人選手が有力。

 そのうえで「日本人選手でも候補はいますし、外国人選手で考える方向ですが、日本人選手で相応しい選手がいれば、それもありかなと思います」としている。

 これを受けてKANAは「今は与えられた選手に練習していることを全てぶつけて、倒しにいく感覚や勝つ感覚を取り戻したい。誰でもいいので与えられた相手をぶっ倒します」と相手は誰でも構わないというスタンスだ。

「Krush.75」4.2(日)後楽園では女子王者ヘウへスと挑戦者・紅絹のタイトルマッチが行われ、KANAとしてはこの試合の勝者が持つベルトを目指すことにになる。

 ヘウへス・紅絹の両選手と対戦経験があるKANAは、初黒星をつけられたヘウへスにリベンジを果たしての王座返り咲きを目標に掲げた。

「紅絹選手は頭のいい選手でメロニー選手の一発をもらわない技術もあります。メロニー選手は一発もあってリーチも思った以上に遠く感じると思うので、そういうところを踏まえて両者を見ていきたいと思います。

 ただ自分はメロニー選手ともう1回試合をしたいので、メロニー選手に勝ってほしいです。今は与えられた対戦相手をどんどん潰して、最終的にはメロニー選手に、もう一度リベンジをしたいと考えています。

 Krushの女子王者は自分じゃないと全然盛り上がらないと思います。そして、これからのKrush女子も盛り上がらないと思うので、必ず復活します」

 会見も最後にKANAは「いつも沢山の応援をありがとうございます。5月28日はしっかり復活して、必ずKOで倒して、もう一度、自分がKrushのチャンピオンベルトを巻けるように、その第一歩としてKANAをスタートしていくので、よろしくお願いします」とファンにメッセージ。

 王座返り咲きへ向けて新たなスタートを切る“KANAの第2章”に注目だ!


  • 1489665502_0sp.jpg

Krush.75
2017/4/2 18:00開始
後楽園ホール

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます