ホーム > お知らせ > 「Krush.76」5.28(日)後楽園<-60kg次期挑戦者決定T準決勝>闘士、ジャンピングハイキックの秘密は小栗旬!島野浩太朗「自分の身体に合った技で勝つ」

お知らせ

「Krush.76」5.28(日)後楽園<-60kg次期挑戦者決定T準決勝>闘士、ジャンピングハイキックの秘密は小栗旬!島野浩太朗「自分の身体に合った技で勝つ」

[2017/03/04]

 3月4日(土)東京・大久保のGENスポーツパレス「GSPメディセンター」にて「Krush.74」の一夜明け記者会見が行われ、-60kg次期挑戦者決定トーナメント一回戦の勝者が試合を振り返るとともに今後の目標を語った。

>>詳細

 トーナメント1回戦・第3試合で総合格闘技出身の原田ヨシキと対戦した闘士。原田の独特の間合いと距離感に苦しんだものの、1Rにジャンピングハイキック、2Rにパンチでダウンを奪い、準決勝進出を決めた。

 一夜明け会見では「あのジャンピングハイキックは映画『クローズZERO 2』で小栗旬さんがやっていたののを真似した」という驚きのエピソードを明かした。

「昨日はご来場いただきありがとうございました。試合には勝ったんですけど、昨日寝る前に何であんな試合になったんだろうと思ったら…試合前に映画『クローズZERO 2』を見て、会場入りしちゃって、小栗旬さんの喧嘩シーンを見てしまったからだと思います。

 ダウンを奪ったジャンピングハイキックは試合でも練習でもやったことがない技で、実は映画の中で小栗さんがやっていた技なんです。そういう技が試合で出て、ダウンを取ることができたのは映画の影響だと思います(笑)。

 逆にそのあとグチャグチャになって高校生の喧嘩みたいになったのは悪い意味で映画に影響されたのかもしれません(苦笑)。そこは反省点です。

(対戦相手の原田について)すごく殺気だっていたと思います。自分は距離が近い選手とガンガンいく試合をしていた部類だったんですけど、原田選手は、総合の選手の独特の間合いで距離が離れていてました。

 そこを潰してKOするのが本当の一流のプロフェッショナルな選手ですが、まだ僕は仕留め切れなかった。そこも反省点だし、まだまだ甘いなと思いました。ただグチャグチャな試合になっても勝ちは勝ちなので、そこは良かったかなと思います」

 その闘士と準決勝で対戦するのはトーナメント1回戦・第4試合で“DYNAMITE”髙橋佑太からダウンを奪って勝利した島野浩太朗だ。

 これまで打ち合い上等のスタイルで会場を沸かせてきた島野だが、今回は自分の身体にあった技術・スタイルに磨きを戦った試合だったという。

「昨日はトーナメント一回戦を勝ち進めて嬉しいです。昨日は髙橋選手の気持ちを感じたリングだったかなと思います。

(髙橋の印象は?)今年、自分の身体に合った技術を高めようと思って戦っていたんですけど、昨日の髙橋選手との試合では戦いづらさを感じました。髙橋選手からはトーナメントの次を見据えて準備して戦っていることをリングで感じました。

(ダウンを奪ったパンチについて)最終的にあのダウンの攻撃が当たる所まで持っていければと思って練習・準備してきたので、3R終了間際に上手い感じで(パンチが)当たってダウンを取れたのは良かったと思います。

(自分に合った技術とは?)人はその人によって身体のタイプが違うと思うんですけど、自分の身体に合っている自然な動きの中で得意な技を伸ばすことを意識して準備してきました。

 今までは強引に前に出てパンチを振り回すような練習をしてきたのですが、今回は自分の身体を考えた練習をしてきて、その中で当たったパンチがダウンに繋がったのは良かったと感じています」

 これで「Krush.76」5.28(日)後楽園大会のトーナメント準決勝で対戦することになった島野と闘士だが、両者は2014年のWILD RUSHリーグで対戦しており、この時は島野が勝利を収めている。

 リベンジがかかる闘士は「挑戦権がかかったトーナメントでのリベンジ戦で、僕はリベンジマッチに強いんですよ。巷では“ミスターリベンジ男”と言われているで燃えています」。
 
 迎え撃つ島野は「昨日帰ってから、早速、闘士選手の試合を見ました。闘士選手は『Krushでお客さんが見ていて熱くなるような試合をする』と発言していて選手なので、試合でもそういうスタイルで来ると思います。必ず相打ちというタイミングでの攻防があるのかなと思っています」と激戦を予想している。

 決勝で戦いたい相手については「どっちが上がってきても関係ない。どっちが勝とうが自分は知っちゃこっちゃないし、それよりも5月に島野くんとKrushファイターとしての試合をしたい」という闘士に対し、島野は「大沢文也選手と試合をしたいです。昨日の試合前に自分が大沢選手に負けた試合を見ていたので大沢選手と戦いたいです」と大沢との対戦を希望する。

 会見の最後も2人はファンに向けて熱いメッセージを送った。

島野浩太朗
「次は相手が闘士選手ということもあって、過去の自分は『打ち合いに行きます』とよく言ってたんですけど、技術的には前に出て打つことしか出来なかったです。なので5月までにはポイントで打ち合える技術を準備して、打ち勝つのは自分だと思って、準備したいと思います」

闘士
「とにかく今Krush・K-1がもの凄く盛り上がっていて、会場も超満員のお客さんが沸いてくれます。本当に熱い感じが、選手にまで伝わる大会になっている素晴らしい大会です。そんな熱いお客さんを巻き込むような試合をすることを頭に入れて、5月28日まで自分を作り直して男の試合をするので見に来てください」

 激闘派同士の準決勝はKrushを体現する激しい試合になりそうだ。


  • 1488619234_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール

Krush.77
2017/7/16 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます