ホーム > お知らせ > 「Krush.74」3.3(金)後楽園 山崎陽一、勝利への執念で中島弘貴と決着をつける!「気持ちがなければ話にならない。何が何でも中島選手に勝ちたい」

お知らせ

「Krush.74」3.3(金)後楽園 山崎陽一、勝利への執念で中島弘貴と決着をつける!「気持ちがなければ話にならない。何が何でも中島選手に勝ちたい」

[2017/02/27]

 3月3日(金)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.74」の[Krush -70kg Fight]で中島弘貴と対戦する山崎陽一のインタビューを公開!
>>詳細

――昨年12月「Krush.71」での藤村大輔戦は、延長判定で敗れるという結果でした。あの試合を振り返って、自分に何が足りなかったと感じましたか?

「単純に勝ちたい気持ちが足りなかったです。完全に相手の藤村選手をナメてましたね(苦笑)」

――試合展開的にも2Rにダウンを取って、3RはKOさえされなければ勝つだろうという気持ちになってしまったのですか?

「そうかもしれないです。以前の自分なら2Rにダウンを取って、そこから畳み掛けていたと思うんですけど、あの時は『ダウンを取ったし、普通に戦えば勝てるな』という変な余裕がありました。試合で色々と試そうと思っていたんですけど、それ以上にダメな余裕みたいものが出ちゃった感じですね

――山崎選手もキャリアを重ねて、追われる立場での試合も増えてくると思います。追われる立場の難しさを感じましたか?

「難しいというか…本当に気持ち的にナメていたのと何が何でも勝ってやろうという若い頃の気持ちが欠けていた。それに尽きる試合でしたね」

――藤村戦は格闘技で勝つために大事なもの・必要なものを思い出させてくれた試合でしたか?

「はい。改めて大事なものは気持ちだなと思いました。『気持ちだけじゃどうにもならない』と言っても、その気持ちがないと話にならない。心・技・体すべてが揃うことが理想ですが、気持ちがあってこその心・技・体だと思いました」

――さて今回の対戦相手は中島選手に決まりました。中島選手とはこれまで1勝1敗、今回が3度目の対戦になりますが、最初にオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「中島選手との試合は1勝1敗で、前回(2015年4月)はKrush-70kg王座決定戦で負けている借りもあるので、いつかまた戦いたいと思っていました。なので試合が決まった時は『来たか!』って感じでしたね」

――最近の中島選手を見て何か変化を感じますか?

「前回戦った時に戦い方が上手くなったなと思って、中島選手の変化を感じました。今はそこを踏まえて練習しています。今回の中島選手との試合が決まった時から勝つイメージは出来ているし、あとは大宮司さんと話して、ある程度の戦い方は決まっています」

――山崎選手にとって中島選手はどんな存在ですか?

「ライバルというかなんというか…。過去に2回戦って、試合がない時にちょっと中島選手と話をしたりすると、すごくしっかりした人間なんですよね。でも前回の王座決定戦での負けは自分にとってすごく大きな敗戦だったし、リングに立ったら倒すか倒されるか。そして僕は倒しに行くだけです。とにかく僕は勝ちたいので、何が何でも勝とうと思います」

――王者ジョーダン・ピケオーとの再戦、そしてK-1再出撃のためにも中島選手は越えなければいけない相手ですか?

「はい。僕の目標や目指しているところはピケオーの持つKrushのベルトや外国人選手に勝つことです。ここでしっかり勝って、次の目標に向かって突き進みたいと思います」

  • 1488130231_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール

Krush.77
2017/7/16 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます