ホーム > お知らせ > 「Krush.74」3.3(金)後楽園 原田ヨシキ、闘士を倒して-60kg次期挑戦者決定Tの台風の目になる!「Krushは最高の舞台なので自分はここで活躍したい」

お知らせ

「Krush.74」3.3(金)後楽園 原田ヨシキ、闘士を倒して-60kg次期挑戦者決定Tの台風の目になる!「Krushは最高の舞台なので自分はここで活躍したい」

[2017/02/22]

 3月3日(金)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.74」の[Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント・一回戦]で闘士と対戦する原田ヨシキのインタビューを公開!
>>詳細

――Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦は郷州征宜選手にKO負けという結果でした。万全な状態ではなかったということでしたが、改めて試合を振り返ってもらえますか?

「確かに万全な体調ではなかったんですけど、あそこでやれることはやれました。怪我の功名ではないですが、(サウスポーから構えを変えて)オーソドックスでやってみたり、いつもはやらない違う動きも出来たので、新たな発見がありました。次の試合は万全の状態で臨めると思いますが、そこでも新しい動きをやりたいと思います」

――郷州戦直後は、コンディションの回復を第一優先に考えていたと思います。その中で今回の次期挑戦者決定トーナメントのオファーが来て「すぐに戦いたい」という気持ちになったんですか?

「前回の試合に負けて『チャンピオンへの道は遠くなったな』と思っていたんですよ。だから怪我を治して夏ぐらいに試合が出来たらいいなと思っていました。その時に次期挑戦者決定トーナメントがあると聞いたので、それだったら自分も戦いたいと思いました」

――それだけチャンスが欲しかったんですね。

「はい。せっかくチャンスをいただいたのに、このチャンスを断ったら次はどうなるんだろう?という気持ちもあったし、今、自分は3連敗しちゃっているんですね。だから今回のトーナメントで、もう一回チャンスを掴みたいと思いました」

――連敗から脱出するためには何かを変えなければいけないという考えもありますか?

「そうですね。今までファイトスタイルも感覚で戦っていた部分があったんですけど、最近はKOで負けているので、もう一回ガードを見直したり、基本の所からやろうと思っています」

――次期挑戦者決定トーナメント一回戦の対戦相手は闘士選手に決まりました。闘士選手にはどんな印象を持っていますか?

「もともと闘士選手は王座決定トーナメントに出ていなかったので『闘士選手が出場するんだ!』と思ったし、『まさか自分と戦うんだ!』と思ってビックリしました。正直、実績から言っても闘士選手はK-1・Krushで活躍しているので、周りの人は優勝候補だと思っていると思います。だから自分が闘士選手に勝ったらオイシイですよね。あと自分は大沢文也ともう一回戦いたいので、同じトーナメントに出ていることはモチベーションになっています」

――原田選手は元々総合格闘技で活躍していましたが、Krush愛みたいなものはありますか?

「そうですね。自分は立ち技格闘技はKrushでしか戦っていないですけど、Krushは本当に凄い最高の舞台なので、自分はここで活躍したいです」

――前回の郷州戦は非常に会場が盛り上がった試合でしたが、あの時は原田選手が敗れる側でした。今回は勝つ姿を見せて、会場を沸かせたいですか?

「そうですね。一般のお客さん、自分を応援してくれている人たちに勝つ姿を見せたいです」


  • 1487530390_0sp.jpg

Krush.75
2017/4/2 18:00開始
後楽園ホール

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます