ホーム > お知らせ > 「Krush.75」4.2(日)後楽園 -65kg王座決定トーナメント決勝で小宮由紀博と中澤純が激突!「今からワクワクしている」(小宮)VS「圧倒的な勝ち方でベルトを獲る」(中澤)

お知らせ

「Krush.75」4.2(日)後楽園 -65kg王座決定トーナメント決勝で小宮由紀博と中澤純が激突!「今からワクワクしている」(小宮)VS「圧倒的な勝ち方でベルトを獲る」(中澤)

[2017/02/19]

 2月19日(日)東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて「Krush.73」の一夜明け会見が行われ、4月2日(日)東京・後楽園ホール「Krush.75」の第5代Krush-65kg王座決定トーナメント決勝に進出した小宮由紀博と中澤純が意気込みを語った。
>>詳細

「Krush.73」からスタートした第5代Krush-65kg王座決定トーナメント。昨日の大会では準決勝2試合が行われ、中澤純がK-1甲子園2015 -65kg王者・篠原悠人をKO、小宮由紀博がプロ無敗の松下大紀に初黒星をつけて決勝進出を果たした。会見には両者がそろって出席し、昨夜の戦いを振り返った。

中澤純
「昨日、KOで勝ててほっとしています。次はタイトルマッチなので勝って喜びたいですね。(KOは予定通りだった?)そうですね。篠原選手は上手い選手だし、僕の方がパンチが下手だから逆にパンチが当たると思いました。

 篠原選手はパンチのカウンターが上手くて早い。そして僕はパンチが遅いけど重い。篠原選手がカウンター狙うタイプだから、僕のパンチが当たるんです。練習ではあれ(ダウンを奪ったパンチ)しかやっていないし、あのパターンしかやっていませんでした」

小宮由紀博
「松下選手は勢いがあって強い選手なので昨日はいい経験になりました。(昨日の試合展開について)練習通りでした。試合に向けて色々とやってきて、松下選手の持ち味が出るところでやるべきだと思ったし、それを潰してこそ自分の戦いができると思っていました。彼の土俵で負けないようにと気持ちを入れて練習しました。

 練習通りではあるんですが、自分の攻撃はまだまだ。もっと強く出せるはずだと思うので反省しています。今はKrushのベルトを獲って、K-1で活躍するための段階を作っているところ。それを集中して一つずつクリアしていきたい」

 次戦でKrush-65kgのベルトをかけて対戦する両者だが、中澤からは「選手目線で見たら上手い選手だけど、ぶっちゃけ松下戦は見ていてつまらなかった。小宮選手の強さを認めたうえでつまらないと思った」と手厳しい言葉も。

 これに対して小宮は「準決勝は完璧に勝ったと思うし、素晴らしい試合だと思った。自分は今自分がやるべきことをしっかりやって、対策を立てて戦いたいと思います」とクールに返した。

 また小宮と中澤は準決勝でともに若いファイターを跳ね返して決勝まで駒を進めた。

中澤は「対戦カード発表会見でも話した通り、男は年を重ねて強くなる。メンタルは小宮選手の方が篠原選手より強いと思うので、そのうえで男を高めて次に備えたいと思います。僕が勝ちますけどね」と小宮の精神力を警戒。

 小宮は「決勝はKrushらしいお客さんに盛り上がって楽しんでもらえる試合になると思う。中澤選手とは一番かみ合う試合になると思うので今からワクワクしています」と静かに闘志を燃やしている。

 会見の最後に2人は「圧倒的な勝ち方でベルトを獲って、これからK-1でも勝ち進んでいきます。みなさん僕のことを覚えておいてください」(中澤)、「決勝で思い切ってやるのはもちろん、自分が楽しい試合をして、それを分かってもらえるような試合をして盛り上げたいと思います」(小宮)とファンにメッセージ。

キャリア・実績十分の2人によって争われる-65kg王座決定トーナメント決勝戦。最後にベルトを巻いているのは小宮か? それとも中澤か?

  • 1487494591_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール

Krush.77
2017/7/16 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます