ホーム > お知らせ > 「Krush.73」2.18(土)後楽園 -67kg王者・塚越仁志、決死の覚悟でベルトを死守する!挑戦者モハン・ドラゴン「後楽園ホールを揺らして、Krushの歴史に名を残す」

お知らせ

「Krush.73」2.18(土)後楽園 -67kg王者・塚越仁志、決死の覚悟でベルトを死守する!挑戦者モハン・ドラゴン「後楽園ホールを揺らして、Krushの歴史に名を残す」

[2017/02/17]

 2月17日(金)東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.73」の前日計量・記者会見が行われた。
>>詳細

 明日のメインイベントは-67kg王者・塚越仁志が初防衛戦で挑戦者モハン・ドラゴンを迎え撃つ一戦だ。

 Krush参戦2戦目にしてタイトル挑戦のチャンスを掴んだモハンは「タイトルマッチが決まって自分がやることは一つだけ。決まっています。会場を盛り上げて勝ちます」と力強く宣言。

 後楽園ホールにはネパールの仲間たちが数百人単位で応援に来るとのことで「みんな私にベルトを獲って欲しいと期待している。自分自身、ベルトを獲ってKrushの歴史のページに名前を残したい」と王座奪取に燃えている。

 対する塚越は「計量終えてほっとしています。本当にいい準備ができたと思います」と計量を終えた心境を語ると、挑戦者モハンについては「思い切りがいいし、モハン選手のペースに巻き込まれたら危ないと思います。そこには付き合わないようにします」と話す。

 プレッシャーのかかる初防衛戦を前にして「一つの負けでベルトを持っていかれる怖さがある」と恐怖心はぬぐえないが「その分、自分は覚悟を持ってリングに上がります」。

 シルバーウルフの大宮司進トレーナーからも「このベルトを守るにあたって何をしなければいけないか。正しい選択をしていこうと話してきました」ことを明かし「それは練習でもそうだし、練習以外でも24時間そのことばかりを考えて生活してきました」とすべてをかけてベルトを死守するつもりだ。

 塚越・モハンどちらも激闘派として知られるだけにKO決着が期待される一戦ではあるが、両者からは対照的な言葉が飛び出した。

モハン・ドラゴン
「村上塾長も同じこと(KO決着を期待)を言っているし、必ずKO決着になると思う。塚越選手は真っ向勝負するタイプで打ち合いからも逃げないから、個人的に大好きな選手です。

 モハンは塚越選手が倒れると思うし、塚越選手はモハンが倒れると思っているはず。間違いなくKOでどちらかが倒れる試合になるでしょう。明日は後楽園ホールを揺らします」

塚越仁志
「後楽園がどうとかというよりも、僕は絶対にベルトを守るという気持ちです。僕は2012年のWILDRUSHリーグから毎年のようにベルトに絡む試合を組んでもらっていたのにずっとベルトを獲れませんでした。

 そして-65kgの初代王座決定トーナメントで負けた時、格闘技を辞めるつもりで休んでいたのですが、それでも諦めきれなくて決死の覚悟で獲ったのが-67kgのベルトです。

 僕はその時と同じ気持ちでベルトを守ります。そういう試合で戦うのでモハン選手の方が倒れていると思います。モハン選手には倒れてもらって、会場を盛り上げてほしいです。明日はチャンピオンとしてこのベルトへの想いをしっかり試合で表現したいと思います。以上」

 豪快KOで王座奪取を予告した挑戦者モハンと覚悟を持ってベルトを死守すると誓った王者・塚越。最後に-67kgのベルトを巻いているのはどちらだ!?

  • 1487313462_0sp.jpg

Krush.74
2017/3/3 18:00開始
後楽園ホール

Krush.75
2017/4/2 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます