ホーム > お知らせ > 「Krush.73」2.18(土)後楽園 石川直生が激闘必至のKrush-67kgタイトルマッチの見所を語る!「モハン選手が不気味なスタイルだからこそ、塚越選手が王者として成長できる試合です」

お知らせ

「Krush.73」2.18(土)後楽園 石川直生が激闘必至のKrush-67kgタイトルマッチの見所を語る!「モハン選手が不気味なスタイルだからこそ、塚越選手が王者として成長できる試合です」

[2017/02/17]

 2月18日(土)東京・後楽園ホール「Krush.73」で行われるKrush-67kgタイトルマッチ=王者・塚越仁志vs挑戦者モハン・ドラゴン。石川直生が激闘必至の一戦の見所を語る!
>>詳細

モハン選手には構えに右と左がない
塚越選手は王者としてランクを上げられるか?


 塚越選手からすればモハン選手がKrush参戦2戦目でタイトルに挑戦することに思うところはあるかもしれませんが、僕はこの試合は塚越選手がチャンピオンとして成長できる試合だと思います。

 モハン選手はどういうことをしてくるか分からない不気味なスタイルですが、そういう相手をしっかりクリアして防衛するからこそ王者としてのランクが上がるのではないでしょうか。

 そのうえでモハン選手のスタイルを分析するとデータ上、構えはサウスポー(左構え)なのですが、実際にはオーソドックス(右構え)もサウスポーも関係ないんですよ。

 モハン選手は構えを変えながら突進して攻撃を出すというか。ローキックじゃなくて蹴り、フックじゃなくて殴る。そういうイメージで戦う選手で、右でも左でも倒せる独特のパンチがいわゆる“モハンフック”ですよね。

 ただ相手に読まれにくい攻撃が武器だからこそ1Rに倒す試合が多い半面、それをしのがれると苦戦する。またモハン選手は肩幅が広い体系で、あれが力強さの威力の原動力になっている分、パンチを打つ時に隙も出来てしまいます。

 塚越選手は首に巻きつくハイキック・下から突き上げるヒザ蹴りを得意にしているので、それが上手く当たれば塚越選手がKOする可能性もあるでしょうね。

 どちらも一発で倒せる武器を持った選手なので1Rからスリリングなタイトルマッチになるはずです。

  • 1487263439_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール
Krush.77
Krush.77
2017/7/16
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます