ホーム > お知らせ > 「Krush.73」2.18(土)後楽園 石川直生が第5代Krush-65kg王座決定トーナメント準決勝の見所を語る!「王者のオーラがある中澤VS色気を持っている篠原。小宮VS松下は小宮選手のジャブがポイントになる」

お知らせ

「Krush.73」2.18(土)後楽園 石川直生が第5代Krush-65kg王座決定トーナメント準決勝の見所を語る!「王者のオーラがある中澤VS色気を持っている篠原。小宮VS松下は小宮選手のジャブがポイントになる」

[2017/02/16]

 2月18日(土)東京・後楽園ホール「Krush.73」で開催される第5代Krush-65kg王座決定トーナメント準決勝。石川直生がトーナメント準決勝2試合の見所を語る!
>>詳細

篠原選手にはプロに必要な色気を持っている
中澤選手からはチャンピオンのオーラを感じる


 篠原悠人選手はまだキャリア5戦というのが信じられないくらい落ち着いた試合をする選手です。すでに20戦くらいやっているかのような距離感と自信を持って戦っているように見えます。

 また篠原選手からはファイターとしての色気を感じるんですよね。僕はプロのファイターには強さ以上に色気が必要だと思っていて、それがあるかないかで人気が出る・出ないにつながると思っています。それで言うと篠原選手は色気を持っている選手ですよね。

 対する中澤純選手は山崎(秀晃)選手に勝ってKrushのチャンピオンになるということを口にしていて、山崎選手が返上したベルトを争うことになりましたが、有言実行の道を走っていますよね。

 僕は山崎選手が初めてKrushでチャンピオンになるまで、山崎選手のオーラみたいなものを見ていて、会場で顔を合わせる度にオーラの色が変わっていったんです。最初はただ明るかったものがどんどんキラキラしてきて、今では王様の堂々としたオーラを感じるようになった。

 僕は中澤選手からもそれと同じようなものを感じています。そういうことも含めて、中澤選手が若手の有望株である篠原選手を超えてしまうんじゃないかなと思っています。

 ただ篠原選手はまだ18歳で、上手くキャリアを積んでいけば10年以上はK-1・Krushの中心で活躍できる選手だと思っています。そのためにも格上の選手をどう乗り越えるか? 篠原選手にはそういったことも期待して試合を見たいと思います。

小宮選手はジャブで試合を作る珍しい選手
松下選手はそれをかわしてオラオラいけるか?


 Krushにパンチが強い選手はたくさんいますが、小宮由紀博選手はジャブで試合を作ることが出来る珍しい選手です。僕は小宮選手のジャブが好きだし、実際にスパーリングしたこともあるのですが、あのジャブには手こずりました。

 しかも細かいジャブからの鋭い右ストレートも武器にしていて、ボクサーっぽいスタイルなんですよね。かといってボクシングだけじゃなくて蹴りも出来る。キャリアの浅い松下大紀選手としては小宮選手のジャブをクリアしたいところですね。

 でも松下選手はそんなこと関係ないと思っているでしょう。試合を見ても分かる通り、松下選手にはオラオラ感があって、ジャブなんて関係ねえよとどんどん前に出ると思います。

 松下選手はNPO JEFAの選手らしく背が高くてリーチがあるのに接近戦が強い。先輩の廣野祐選手は少しずつ削っていくタイプだけど、松下選手は接近戦でもスピードが速くて倒す試合をするので、お客さんを退屈させないファイターですよね。

 僕も松下選手も葛飾区出身で、このトーナメントが決まる前にばったり地元で会ったことがあるんですね。その時に「誰々がトーナメントに出てきたらどうする?」みたいな話をしたら「誰が出てきても全員ぶっ倒しますよ!」と応えていました。そういうハートの強さも魅力ですよね。

 なので小宮選手がジャブで試合を作るか? それとも松下選手がジャブをかいくぐってオラオラいけるか? そこが試合のポイントになると思います。

  • 1487178535_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール

Krush.77
2017/7/16 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます