ホーム > お知らせ > 「Krush.73」2.18(土)後楽園 郷州征宜、準々決勝も倒すイメージしかない!「僕は今30歳で、次が25戦目。絶対にこのトーナメントでベルトを獲りたい」

お知らせ

「Krush.73」2.18(土)後楽園 郷州征宜、準々決勝も倒すイメージしかない!「僕は今30歳で、次が25戦目。絶対にこのトーナメントでベルトを獲りたい」

[2017/01/25]

 2月18日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.73」の[第5代Krush -60kg王座決定トーナメント・準々決勝]で渡辺武と対戦する郷州征宜のインタビューを公開!
>>詳細

――トーナメントの一回戦では原田ヨシキ選手にKO勝利しました。郷州選手にとっても久々のKOでしたね。

「K-1ジム総本部チームペガサスに移籍してから、ずっとKOする練習を続けていて、その成果を原田選手との試合で出せて良かったかなと思っています。KO勝利そのものも久々だったので、やっぱり興奮しましたし、KOするのは気持ち良いので、また次の試合もKOしてやろうという気持ちでいます」

――トーナメントの準々決勝の相手は渡辺武選手に決まりました。渡辺選手にはどんな印象を持っていますか?

「渡辺選手は戦いたい相手だったので、素直に嬉しいですね。また渡辺選手は手数が多いタイプの選手なので、自分と噛み合うと思います。今回もKOを狙えると思うし、倒せると思うので、自分でも楽しみです」

――対戦カード発表会見では「手数でもスタミナでも自分が上回っている」という発言もありました。

「チームペガサスに入ってから、自分でも凄く成長していることを実感しています。なので今、渡辺選手と戦っても原田戦のようにKOするイメージしかありません」

――今回のトーナメントを勝ち抜いていく上で、どんな練習をして試合に臨みたいと思いますか?

「やはりトーナメントなので一戦一戦を大事に考えています。なので対戦相手の映像をしっかり見て研究して、梶原(龍児)さんやトレーナーさんたちと相談をしながら練習をしたいと思います」

――今、郷州選手はKrushのベルトに対してどんな想いがありますか?

「僕はKrushのベルトがどんな団体よりも価値のあるベルトだと思っています。自分も今まで何度かタイトルマッチを経験しているのですが、ベルトには手が届かなかったです。自分は今30歳で、選手としても次が25戦目になります。このチャンスを掴まないと、もうあとがないという気持ちで、今回のトーナメントに臨んでいます。なので絶対にこのトーナメントでKrushのベルトを獲りたいです」


  • 1484762038_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール
Krush.77
Krush.77
2017/7/16
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます