ホーム > お知らせ > 「Krush.73」2.18(土)後楽園 篠原悠人、新世代が-65kgの新しい歴史を創る!「ベテランがベルトを獲るよりも、これからの選手がベルトを獲った方が面白い」

お知らせ

「Krush.73」2.18(土)後楽園 篠原悠人、新世代が-65kgの新しい歴史を創る!「ベテランがベルトを獲るよりも、これからの選手がベルトを獲った方が面白い」

[2017/01/22]

 2月18日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.73」の[第5代Krush -65kg王座決定トーナメント・準決勝]で中澤純と対戦する篠原悠人のインタビューを公開!
>>詳細

――第5代Krush-65kg王座決定トーナメント準決勝の相手が中澤純選手に決まりました。対戦相手が中澤選手と聞いた時は、どんな心境でしたか?

「誰と戦うか直前まで分からなかったのですが、中澤選手はキャリアもあって今回のトーナメントに出場する選手の中で、一番強いかなと思っていました。なので初戦で中澤選手を倒しておけば、その後が楽かなとも思います」

――今回は4選手参加のトーナメントですし、誰が来ても気にせずに戦おうという気持ちでしたか?

「そうですね。優勝するためには3人中2人に勝たなければいけないので、誰と戦っても一緒かなと思っています」

――中澤選手のファイトスタイルには、どんな印象をもっていますか?

「あんまり距離を取ったりせずに、ガンガン前に来るタイプの選手だと思います」

――自分と戦ったら噛み合った試合になるだろうと思ったり、こうやって倒そうというイメージはありますか?

「はい。自分は距離を取るタイプですが、距離を取るところは取って、前に出るところは前に出て、KO出来たらいいなと思いますね」

――このトーナメントへ向けて強化したいところはどこですか?

「自分はパンチのパワーとスピードには自信があって、今まではあまり蹴っていなかったので、次からは蹴りもバンバン蹴っていこうと思います。あとは次の試合までにスタミナも鍛えたいと思います」

――準決勝をクリアすれば、決勝で過去に敗れている松下大紀選手と戦う可能性もあります。決勝で松下選手にリベンジしてベルトを獲りたいという気持ちはありますか?

「ありますね。松下選手には去年の7月(Krush.67)にKO負けしているので、負けた相手には倒してリベンジしないといけないと思っています。なので決勝で僕が松下選手にリベンジしてチャンピオンになるという形になれば、一番面白いかなと思います」

――ずばりKrush-65kgのベルトを獲る自信はどれくらいありますか?

「正直、今回はベルトを獲る自信しかないです。このトーナメントのオファーがあった時に『これは自分が獲るしかない』と思ったので、今はベルトを獲る自信があります」

――キャリア的には挑戦する立場の篠原選手ですが、このトーナメントは自分が-65kgのベルトを獲るためのトーナメントだ、と。

「はい。ベテランの選手がベルトを獲るよりも、これからの選手がベルトを獲った方が面白いと思います」

――2017年の最初に大きなチャンスが巡ってきましたが、2017年はどんな1年にしたいですか?

「まずは2月に勝って、4月にタイトルマッチに勝ってチャンピオンになる。それからはKrushで防衛戦をクリアしながら、K-1の本戦で戦っていけたらいいなと思います」

――-65kgはK-1・Krush含めて激戦区の階級です。自分がKrush-65kgのチャンピオンになって、この階級を盛り上げたいですか?

「-65kgは、強い選手が多いと思いますが、その中で自分がどれくらい出来るのかを楽しみにしています。2017年はKrush-65kg王者として、同じ階級の強い選手たちと戦っていきたいと思います」

  • 1485066270_0sp.jpg

Krush.74
2017/3/3 18:00開始
後楽園ホール

Krush.75
2017/4/2 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます