ホーム > お知らせ > -55kg Fightの勝者が一夜明け会見に登場!石田圭祐「反省点を生かしてもっと強くなる」、鈴木優也「自分にしかない攻撃を爆発させる」、伊澤波人「今年は一つも負けたくない」

お知らせ

-55kg Fightの勝者が一夜明け会見に登場!石田圭祐「反省点を生かしてもっと強くなる」、鈴木優也「自分にしかない攻撃を爆発させる」、伊澤波人「今年は一つも負けたくない」

[2017/01/16]

 1月16日(月)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて「Krush.72」の一夜明け会見が行われ、-55kg Fightで勝利した3選手が試合後の心境と今後の目標を語った。
>>詳細

 第6試合で結城将人と対戦し、激しい打ち合いの末に勝利をもぎとった石田圭祐。試合前は「一流との違いを見せる」と語っていたものの判定までもつれる結果となり、会見では反省の弁が続いた。

「昨日はKOを狙っていたんですけど判定になってしまいました。僕はいつも試合が終わったあとに映像を見て、反省点を箇条書きにするんですけど、昨日は反省点が多すぎました。KOを狙いすぎて強弱をつけずに雑な試合になってしまいました。

(結城の印象は?)試合前から分かっていたことですけど粘り強かったし、攻撃力もあったので、一発でももらったらやばいと思いました。試合中に結城選手の粘り強さ・気持ちの強さを感じました。反省点は多い試合でしたが、勝って反省できることを前向きに捉えて、次からの練習に生かしたいと思います」

 また石田は4月に予定されている第2代K-1スーパー・バンタム級王座決定トーナメントについても言及。更なるレベルアップとK-1参戦への想いを語った。

「昨日の反省点を糧にしてもっと強くなれると思いました。今まで白星を重ねてきて、トーナメントに出るのは自分しかいないと思っています。僕は自分が4月に出ると決めているので、反省点を生かしてどんどん強くなって、もっと強くなった姿を見せたいです」

 続いて第5試合で元Krush-55kg王者・堀尾竜司から殊勲の勝利を挙げた鈴木優也が登場。

「昨日の試合に勝って今は清清しい気持ちです。元王者の堀尾選手に勝てたことが大きな1戦だと思いました」と挨拶し「距離を取って戦う作戦だったので、それがハマって思った通りの試合になりました。ニコクラの勝敗予想で1:9くらい下馬評が低かったので、それが悔しくて余計に火が点きましたね。KOできなかったことは悔しいですが、次に向けてそこの部分を練っていきたいです」と試合を振り返る。

 さらに鈴木は「堀尾選手に勝つことができたのでK-1に出場したい」とK-1参戦をアピールし「自分は距離を使える選手なので、他の選手にはない倒し方を見せていきたい。一瞬で切るような蹴りだったり、見えないタイミングでのパンチだったり。自分はそういうことができると思っているので、次の試合で爆発させます」と飛躍を誓った。

 そして最後に登場したのは第4試合でKrush初参戦の良星を退けた伊澤波人。自ら「Krushの門番の役割を果たすことができたと思う」と切り出した伊澤は、中国・英雄伝説での試合経験が活きた一戦だったと良星について語った。

「良星選手は攻撃のテンポが早くて手数も多くてやりにくかったけど、力の差があったので自分に自信を持って戦うことができました。(良星はローキックでも勝負すると言っていたが?)僕は空手出身なので普通のローキックじゃ効きません。なので蹴らせてもいいかなと思って戦いました。

 僕は最近中国で試合をしていて、中国の選手はパワーがあります。中国の選手のパンチや蹴りをもらう経験をしていたので、今回は余裕がありました」

 他の選手同様に4月のK-1参戦について聞かれると「本当は倒して勝ってK-1に出してくれと言いたかったんですけど、倒しきれずにインパクトを残すことができませんでした。K-1には出たいですが、今は自分の口から言える立場ではありません」と伊澤。

 中国・英雄伝説に続き、Krush、K-1でのタイトル奪取に興味を示すと「僕は本当に負けるのが嫌いなので、今年は絶対に一つも負けたくないです。そしてベルトをもっと巻きたいです。また日本でも試合を組んでもらえるように頑張ります」と2017年の抱負を語った。

  • 1484558037_0sp.jpg

Krush.74
2017/3/3 18:00開始
後楽園ホール

Krush.75
2017/4/2 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます