ホーム > お知らせ > 中島弘貴、“倒すスタイル”を取り戻して2017年は勝負をかける!「昨日の試合で改めて倒しにいくのが自分のスタイルだと感じた」

お知らせ

中島弘貴、“倒すスタイル”を取り戻して2017年は勝負をかける!「昨日の試合で改めて倒しにいくのが自分のスタイルだと感じた」

[2017/01/16]

 1月16日(月)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて「Krush.72」の一夜明け会見が行われ、セミファイナルで勝利した中島弘貴が試合後の心境と今後の目標を語った。
>>詳細

 昨日の大会ではキャリア3戦3勝3KOの新鋭・和島大海を迎え撃ち、判定勝利を収めた中島。結果的に勝利を収めたものの、和島の勢いのある攻撃に苦しめられる場面もあり、厳しい自己分析とともに試合を振り返った。

「和島選手は日本人の中では攻撃力もあるし、まだ3戦しかしていないのに強かった。新世代の-70kgで上まで上がってくる選手だと思いました。ただ昨日、自分に求められていたのはKOだと思うし、最低限勝てたことは良かったです」

 中島は昨年4月にジョーダン・ピケオーに敗れてKrush-70kg王座から陥落。その後は小鉄と和島に2連勝を収めた。

 中島自身、満足のいく試合内容は残せていないが「昨日は自分の中で勝ちにいく試合より倒しにいく試合をして、結果的に倒せなかったですけど、倒しに行くファイタースタイルの方が、自分には合っていると思いました。改めて倒しにいくのが自分のスタイルだと感じています」と和島戦で掴んだものは大きい。

 同じ大会で2度目の防衛に成功したピケオーに対しても「確かにピケオーは強かった。でも昨日の自分の感覚で、もうちょっと経験を積んで倒しにいく試合が出来れば、ピケオーに勝つところまで持っていける自信はある」と言い「今、K-1のスーパー・ウェルター級のベルトも空位なので、K-1のベルトも狙って今年は勝負をかけたい」とK-1王座への想いも語った。

 試合で受けたダメージは打撲程度で「すぐに試合がしたいですね」という中島。まだ本調子ではないものの“倒すスタイル”を取り戻し、今年は大勝負に売って出る構えだ。


  • 1484552069_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール

Krush.77
2017/7/16 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます