ホーム > お知らせ > 第3代女子王者メロニー・ヘウヘス、ピケオーと共に長期政権を築く!「防衛戦の時期はいつでも構わない。私もベルトを防衛し続けたい」

お知らせ

第3代女子王者メロニー・ヘウヘス、ピケオーと共に長期政権を築く!「防衛戦の時期はいつでも構わない。私もベルトを防衛し続けたい」

[2017/01/16]

 1月16日(月)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて「Krush.72」の一夜明け会見が行われ、第3代女子王者となったメロニー・ヘウヘスが試合後の心境と今後の目標を語った。
>>詳細

 ダブルメインイベント第2試合・Krush女子タイトルマッチでKANAに勝利し、見事に第3代Krush女子王者となったヘウヘス。

 ベルトを肩にかけて会見に登場すると「昨日の試合に勝利して、チャンピオンになれて嬉しい気持ちで一杯。ファンのみんなにも試合を楽しんでもらえたと思う」と試合から一夜明けた心境を語った。

 続く質疑応答ではダウンの応酬となった昨夜の激闘を振り返った。

「私は常にKOで相手を倒すことを考えていて、昨日もとにかく早い段階でKOで勝つことを意識していた。それで1Rでダウンを取ることが出来たと思う。

 本当は最初のダウンで試合を終わらせたかったんだけど、あのような形(バックブロー)でダウンを取られてしまって、あれは本当に悔しかった(苦笑)。でも最終的に勝ってチャンピオンになることができて、そこは自分で自分を評価したいと思う。

 KANAは本当に強いファイターで、試合がはタフで拮抗したものになると思っていた。そして3Rの残り1分で、セコンドから『全ての力を出せ!』と檄を飛ばされて、そこで全てを出し切って勝つことができたわ。

(KANAの印象は?)KANAは好戦的で、私的には戦いやすかった。KANAはレベルが高い選手だったけど、昨日の時点では私の方がKANAより強かったということね」


 昨夜はダブルメインイベント第1試合で-70kg王者ジョーダン・ピケオーが2度目の防衛に成功。

 Mike’s Gym勢がKrushの2大王座を獲得し、へウへスは「試合前にMike’s GymにKrushのベルトを持ち帰ると宣言していて、有限実行できて良かったわ」。

 気になる初防衛戦の時期について、会見に同席した宮田充Krushプロデューサーは「Mike’s Gymさんとスケジュールを調整して防衛戦の時期を決めたい」とした上で「ピケオーが防衛戦を重ねているのと同じくらいのペースで招聘していきたい」とコメント。

 ヘウヘス自身も「防衛戦の時期はいつでも構わないわ。私もこれからKrushのチャンピオンとしてできるだけ防衛を続けていきたいし、ピケオーが防衛を続ける限り、私も防衛し続けたい」とKrushでの長期政権樹立を宣言した。

 KANAとの歴史的なタイトルマッチで見事に勝利したヘウヘス。第3代女子王者として、どんなチャンピオンロードを突き進んでいくのか注目だ。


  • 1484552136_0sp.jpg
  • 1484552210_2sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール
Krush.77
Krush.77
2017/7/16
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます