ホーム > お知らせ > 「Krush.72」1.15(日)後楽園大会 鈴木優也、-55kg戦線を勝ち抜く手応えは掴んだ!「堀尾選手に勝って自分の強さを見せて、周りを納得させる試合をします」

お知らせ

「Krush.72」1.15(日)後楽園大会 鈴木優也、-55kg戦線を勝ち抜く手応えは掴んだ!「堀尾選手に勝って自分の強さを見せて、周りを納得させる試合をします」

[2017/01/04]

 1月15日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.72」の[Krush-55kg Fight]で堀尾竜司と対戦する鈴木優也のインタビューを公開!
>>詳細

――6・12「Krush.66」では出貝泰佑選手に勝利しましたが、あの試合でどんな収穫がありましたか?

「あの試合は倒しにいけば倒せたと思うんですけど、それよりもしっかり勝つことにこだわった試合でした。なのでそこはしっかりクリアできたと思うし、次は倒せる場面を狙って倒せるようになりたいです」

――鈴木選手はなかなか勝ち切れない試合や惜しいところで勝ちを逃すことも多かったと思います。そこは自分自身でも課題だと思っていたのですか?

「そうですね。過去の試合を見ても自分にはそういうところがあったと思います。でも今はそこを修正できていると思うし、出貝選手に勝って自分の力を出せる手ごたえを掴みました」

――出貝戦でもかなり身体が大きくなっている印象でしたが、フィジカル強化にも力を入れているのですか?

「はい。かなり身体も大きくなってきたし、身体の大きさやパワーでは-55kgで一番なんじゃないかなと思います」

――そして今大会では元Krush-55kg王者の堀尾竜司選手と対戦することになりました。堀尾選手にはどんな印象を持っていますか?

「勢いがあって上手い選手ですよね。また堀尾選手は漫画のNARUTOが好きだと言っていますが、本当にNARUTOの主人公のように逆境にも強いイメージです。正直、堀尾選手がデビューした頃は特に意識していなかったのですが、試合をする度にどんどん強くなってチャンピオンになったという印象です」

――今回は元王者に挑む図式の試合になります。鈴木選手はどんなテーマを持って戦いたいと思いますか?

「ちょっとナルシストみたいに思われちゃうかも知れませんが、僕は自分が持っている実力を出して戦えばチャンピオンにもなれると思っています。というよりもプロでやっている以上、そう思わなくてはダメかな、と。寺戸(伸近)選手や戸邊(隆馬)選手と戦った時も、ちょっとしたところで負けてしまったと思うし、そこを変えれば僕はチャンピオンになれると信じています。今はそこを改善しているところで、次の堀尾戦ではそれを試合で見せたいと思います」

――対戦カード発表会見でもK-1を意識しているという発言もありましたが、2017年は飛躍の一年にしたいですか?

「そろそろ飛躍したいですね(苦笑)。自分はずっと悔しい想いをしてきたので」

――そういう意味でも今回の相手が堀尾選手になったことは鈴木選手にとってチャンスですね。

「はい。このタイミングでこの試合のオファーを下さったことも嬉しいですし、僕と戦ってくれる堀尾選手にもすごく感謝しています」

――改めてファンの皆さんにどんな試合を見せたいですか?

「技術もそうですが、強い鈴木優也を見てもらいたいですね。『この選手ならチャンピオンになる!』や『この選手がK-1に出ても文句ない!』だったり、次の試合でみんなを納得させたいです。そうじゃないとベルトには近づけないし、K-1に出るチャンスもないと思います。なので次の堀尾選手は自分の強さを見せて、インパクトが残る試合をします!」


  • 1483000708_0sp.jpg

Krush.75
2017/4/2 18:00開始
後楽園ホール

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます