ホーム > お知らせ > 「Krush.72」1.15(日)後楽園大会 女子王者KANA、海外の強豪ヘウへスの挑戦を退けて新しい歴史を創る!「女子という枠を越えて男女合わせてナンバーワンを目指していきます」

お知らせ

「Krush.72」1.15(日)後楽園大会 女子王者KANA、海外の強豪ヘウへスの挑戦を退けて新しい歴史を創る!「女子という枠を越えて男女合わせてナンバーワンを目指していきます」

[2017/01/01]

 1月15日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.72」の[Krush女子タイトルマッチ]で挑戦者メロニー・ヘウへスと対戦する王者・KANAのインタビューを公開!
>>詳細

――9・30「Krush.69」でのキル・ビー戦では見事なKO勝ちでしたが、KANA選手にとってはどんな試合でしたか?

「結果的には最後にKOで倒せたんですけど、課題や修正点がたくさんみつかった試合でした。練習してることもしっかり出せたのですが、自分の悪い癖が出ていたり、改善点がいっぱいあるということで、次に向けて練習もすぐに再開しました」

――前回の試合が終わってから、新しく意識している練習や新しく取り入れた練習などはありますか?

「今までは自分の思うがままに戦うことが多かったのですが、今はテクニカルに戦うことや考えながら戦うための技術を意識して練習しています」

――そして今大会ではKANA選手念願のヨーロッパの強豪=ヘウへスとの防衛戦が決まりました。オファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「前回の試合が終わってすぐ『ヨーロッパの選手と対戦を考えている』や『中国の大会からオファーが来ている』と言われていたので、試合はすぐに決まるだろうなと思っていました。なので気持ち的には高いモチベーションを保ったまま練習を再開できました。そこで今回のオファーがあって、正直、不安もありますけど、楽しみの方が大きいです。ヘウへス選手は今までで一番強い相手だし、今まで戦ってきた相手とは違うと思うので、それ以上に自分が強くならなきゃいけないと思うとテンションが上がりますね」

――いつもKANA選手は「強い選手と戦いたい」と言っていますが、強い相手と戦う方がテンションが上がるのですか?

「はい。今のままじゃいけないという気持ちが強くなって、もっと練習の量も質も上げていこうというアドレナリンみたいなものがドンドン出るんですよ。だから自分が強くなるためには、相手も強い選手じゃないといけないって感じですね」

――ヘウヘスにはどんな印象を持っていますか?

「身体もデカいし、普段はもうちょっと上(50kgよりも上)の階級で試合している選手なので、今までは自分がフィジカルで圧倒していた部分があったんですけど、向こうはそれ以上のフィジカルがあると思っています。ただ一発があって怖い選手ですが、隙もあると思うので、そこは上手くパワーでもスピードでも圧倒していきたいなって思っていますね。ヘウへスの強いところが分かっている分、攻略できるポイントも見つけています」

――今回は海外の強豪からベルトを守らなければいけないというテーマもあります。そこについてはどんな気持ちですか?

「勝てばベルトがついてくるので、勝つことしか考えてないです。私が理想にしている倒して勝つスタイルをもっと確立して、どんな強い選手が来ても倒して勝つことを意識して戦っていきたいです」

――今回も強豪との対戦ですが、最後は倒すということは変えずに戦う、と。

「やっぱりただ勝つだけじゃ何も面白くないし、興行はお客さんがいて成り立つものなので、お客さんが求める試合をしなければならないと思います。それが絶対的に“KO”だと思うので、そこは変えずにKOで勝ちたいと思っています」

――そして今回はダブルメインイベントの第2試合ということで、女子王者として初めてKrush後楽園の最終試合を務めることになりました。これもKANA選手がずっと希望していたことですね。

「Krush史上初、女子王者が後楽園のメインイベント(最終試合)ということで、1つの目標が叶ったと思います。でも最後の最後の締めを任されるということで、中途半端な試合はできないですし、しっかり覚悟も持って試合をしなきゃいけない。お客さんも一体になって盛り上がる試合をして、最後は豪快なKOで倒すことを目標に試合をしたいと思います」

――KANA選手はKrushの概念や歴史を変えて、自分が切り開いていきたいという気持ちはありますか?

「はい。今までは女子だからメインイベントを任せてもらえなかったかもしれませんが、豪快なKOや倒す試合を続けてきたことで、メインイベントに試合を組んでもらいました。男子に負けない試合を続けていれば、男女の差をなくしていけると思うので、私は女子という枠を越えて男女合わせてナンバーワンを目指していきたいです」

――2017年最初の試合で大一番を迎えることになりました。今年はどんな1年にしたいですか?

「2016年も1年あっという間で、自分が思っている目標を一つ一つ確実にクリアできました。明確な目標を持って、本気でその目標に向かって行動していけば、目標は全て叶うと思っているので、2017年も一つ一つの試合を大切にして、よりレベルの高い所で試合をして、世界で狙われる選手になりたいです」


  • 1482999637_0sp.jpg

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール

Krush.77
2017/7/16 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます