ホーム > お知らせ > 12・18「Krush.71」挑戦者・隆聖、高山善廣VSドン・フライ級の超激闘でベルト奪取を宣言!王者・武居由樹は「打ち合うところは打ち合って、もらわずに倒します」

お知らせ

12・18「Krush.71」挑戦者・隆聖、高山善廣VSドン・フライ級の超激闘でベルト奪取を宣言!王者・武居由樹は「打ち合うところは打ち合って、もらわずに倒します」

[2016/12/17]

 12月17日(土)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.71」の前日記者会見が行われた。
>>詳細

 明日のメインイベント、そして2016年のKrushを締めくくるのは-53kgタイトルマッチ 王者・武居由樹VS挑戦者・隆聖だ。

 10・15「Krush.70」で出貝泰佑に勝利して、タイトル初挑戦のチャンスを掴んだ隆聖は「短い期間でしたが準備はばっちりです。明日は思いっきり戦えると思います」と力強く挨拶。

 武居には4・10「Krush.65」の初代王座決定トーナメント準決勝でKO負けを喫しているが「今回の試合に向けてスタミナ強化と下半身を鍛えてきました。自分は基本的にパンチが多いんですけど蹴りにも対応できるようにして、自分なりに必殺技も考えているので、色々と成長できたと思います」とリベンジに向けて準備を続けてきた。

 また隆聖は「初めてのタイトルマッチですが、緊張もせず、いつもと変わらない感じです。挑戦者に選ばれた限り、一生懸命、自分らしく戦えたらいいなと思います」と平常心。

「試合が決まってから、ずっとPRIDEの高山善廣VSドン・フライを見て気持ちを上げています。今年最後の大会なので見ている人たちが勇気が出るような試合をして、今年一番と言われる大会にしたいので全力で戦いたいと思います」と激闘を誓った。

 一方、今回が初防衛戦となる王者・武居は「足立区から来た武居です。しっかり勝ってベルトを守ります」と静かに語り「初防衛戦で大会の大トリですが、僕はたくさんプレッシャーをかけてもらった方が自信になるし、責任を負うことが強さになるのでうれしいです」とプレッシャーを力に変えている。

 理想の試合として高山VSドン・フライを挙げた隆聖に対しては「僕も打ち合うところは打ち合いますが、もらわずに倒すことが理想。そこを頭に入れて試合します」と“もらわずに倒す”試合を宣言。

「責任の大きい試合ですが、いい試合をするやそういうことよりも絶対に勝って2017年につなげたいと思います」とKrush王者としての更なる飛躍を約束した。

 王者・武居が再び強さを見せつけるか? 挑戦者・隆聖がリベンジ&王座奪取を成し遂げるか?

  • 1481955606_0sp.jpg

Krush.75
2017/4/2 18:00開始
後楽園ホール

Krush.76
2017/5/28 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2017 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます