ホーム > お知らせ > 1・15「Krush.72」K-1甲子園2016王者・軍司泰斗、KO勝利でKrush-53kg王座への挑戦につなげる!笠見玲慈「K-1甲子園で2回戦負けだった悔しさをすべてぶつける」

お知らせ

1・15「Krush.72」K-1甲子園2016王者・軍司泰斗、KO勝利でKrush-53kg王座への挑戦につなげる!笠見玲慈「K-1甲子園で2回戦負けだった悔しさをすべてぶつける」

1478602628_0sp.jpg

[2016/11/08]

 11月8日(火)東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、2017年1月15日(日)東京・後楽園ホール「Krush.72」の追加対戦カードが発表された。
>>詳細

 K-1甲子園2016 -55kg王者・軍司泰斗が約7カ月ぶりにKrushに参戦。同じくK-1甲子園出場歴のある笠見玲慈との現役高校生対決が決まった。

 両者はそれぞれ高校の制服を着用し、軍司はK-1甲子園2016のベルト、そして笠見は子供の頃に読んでいたという昆虫図鑑を持って登場。高校生らしさをアピールした。

 K-1甲子園王者として、Krush凱旋を果たす軍司は「今回は相手が高校生で、僕はK-1甲子園で優勝しているので負けられないです」とキッパリ。

「K-1甲子園があったのでプロの試合を我慢していたのですが、今回はKOで勝ちたいと思います」とKO宣言すると「自分にはやりたい相手がいるので、この試合をKOで勝って次につなげたいと思います」と対戦を希望する相手がいることを明かす。

 その相手とは12・18「Krush.71」で初防衛戦を控えている現Krush-53kg王者の武居由樹だ。過去に武居に敗れている軍司は「普通にやれば武居選手が勝って防衛すると思うし、一度負けている相手なのでリベンジしたい。この試合をKO勝ちして、次にはタイトルに挑戦したい。2017年の最初の試合でKOして、そこからどんどんKO勝ちで(タイトルまで)つなげていきます」とベルトをかけてのリベンジを強くアピールした。

 一方、一昨年・昨年とK-1甲子園に出場するも決勝まで勝ち乗ることが出来なかった笠見は「僕はK-1甲子園に2回出ているのですが、すごく悔しい想いをしているので、プロのリングで今年の優勝者と戦えることに感謝しています」とプロのリングで巡ってきたチャンスに闘志。

 対戦相手の軍司に対して「上手い選手だけどスピードは自分の方がある」と言い切り「今年のK-1甲子園は2回戦負けだったので、その悔しさを優勝した軍司選手にぶつけて勝ちたいと思います」と力強く語る。

 また隆聖と対戦経験がある笠見は「僕は隆聖選手に勢いでやられちゃいましたけど、武居選手がすぐKO勝つんじゃないかなと思います。僕が過去に一番強いと思ったのが江川優生選手で、その江川選手が『武居選手には敵わない』と言っていたので、武居選手はかなり強いと思います」と武居の王座防衛を予想する。

 その上で軍司同様に「自分もKrush-53kgのベルトを獲りたいと思っているので、KOでいい勝ち方をしたいと思っています。やっとKrushの本戦に出していただけるということで、全力で倒しに行きたいと思います」とタイトル挑戦を見据えた。

 Krush-53kg王座への挑戦をにらむ若い2人による一戦。勝利を掴むのはK-1甲子園王者・軍司か? それとも笠見か?

  • 1478602628_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます