ホーム > お知らせ > 1・15「Krush.72」-55kg戦線で浮上のきっかけを掴むのは元王者・堀尾竜司か?鈴木優也か?「限界を超えた試合をする」(堀尾)VS「覚醒した姿を見せる」(鈴木)

お知らせ

1・15「Krush.72」-55kg戦線で浮上のきっかけを掴むのは元王者・堀尾竜司か?鈴木優也か?「限界を超えた試合をする」(堀尾)VS「覚醒した姿を見せる」(鈴木)

1477488840_0sp.jpg

[2016/10/26]

 10月26日(水)東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、2017年1月15日(日)東京・後楽園ホール「Krush.72」の第一弾対戦カードが発表された。
>>詳細

 9・30「Krush.69」で石田圭祐との接戦に僅差の判定負けを喫した堀尾竜司が2017年シリーズの第一弾大会となる「Krush.72」に参戦。K-1ジム目黒TEAM TIGERの鈴木優也と対戦することが決まった。

 石田との一戦を振り返り「自分が持っているものを出し切った上での負けでした。どう限界を突破していくか?が見えた試合だったので、1月までに限界を超えたいい試合を見せたいと思います」と語る堀尾。

 対戦相手の鈴木については「僕がデビューしたての頃から見ていて、意識していた選手です。何でもできる器用な選手でフェイントや技の数も多い。見ていて勉強になる相手です。自分が納得できる形で勝てたらいいなと思います」と高く評価している。

 対する鈴木も「堀尾選手はガッツがあるし、本当に漫画のNARUTOみたいな選手ですね(※堀尾はNARUTOのファンとして有名)。3月の防衛戦で寺戸(伸近)選手とやった試合も、ダウンがなかったから負けていなかったと思うし、Krush-55kgのトップ3に入る選手だと思います」。

 堀尾の予想外の“べた褒め”には「うれしいですね」と語る一方「でも自分はそれで結果が出せていなかった。そろそろ覚醒したいと思います。堀尾選手を喰って、その上に上り詰める」とステップアップにつなげる試合にしたいと続ける。

 両者ともに来年4月に予定されている第2代K-1スーパー・バンタム級(-55kg)王座決定トーナメントのことは強く意識。日本人の選手層が厚い-55kg戦線において、それぞれの武器・持ち味を発揮して勝ち上がっていくつもりだ。

鈴木優也
「堀尾選手に勝って。その先にあるK-1のトーナメントに出場しようと思っています。(-55kgでどんな試合をしたい?)倒せる姿と技の綺麗さ、そして蹴り技を見せたい。しっかり僕の空間で戦って新しい鈴木優也を見せたいです」

堀尾竜司
「石田選手に負けてKrushのベルトからは距離が出来てしまったと思います。そこで一番近い大きなチャンスはK-1なので、K-1出場はすごく意識しています。僕はNARUTOのようにどんなに不利な状況でもひっくり返す力を持っているので、打ち合いや削り合いになったら絶対に負けないです。2016年は防衛戦で負けたり、再起戦でも負けたり、得るものが多い敗戦を経験して、いい一年でした。2017年はこれを糧に今までで一番自分らしいところを見せたいです」

 -55kg戦線で浮上するのは堀尾か? それとも鈴木か?

  • 1477488840_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます