ホーム > お知らせ > 新王者・塚越仁志、ザ・ファイターとして-67kgのベルトを自分の色に染める!「死にもの狂いで獲ったベルトは誰にも渡さない」

お知らせ

新王者・塚越仁志、ザ・ファイターとして-67kgのベルトを自分の色に染める!「死にもの狂いで獲ったベルトは誰にも渡さない」

1476610515_0sp.jpg

[2016/10/16]

 10月16日(日)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、10月15日(土)東京・後楽園ホール「Krush.70」で第5代Krush-67kg王者となった塚越仁志が試合を振り返ると共に、今後の目標を語った。
>>詳細

 昨日のダブルメインイベント第2試合で渡部太基とダウンを奪い合う壮絶な試合の末に勝利し、第5代Krush-67kg王者となった塚越。

 会見の冒頭では「対戦してくれた渡部選手に感謝しています。そしてここまで僕を育てていただいたみなさん、僕を見て来てくれた方々に感謝しています」と周囲への感謝の言葉を述べ「こんなに欲しかったベルトなんですけど、まだチャンピオンになった実感が沸いていないです」と一夜明けの心境を語った。

 大会終了後、塚越は後楽園ホール下でファン・応援団と喜びを分かち合い「家に帰ってからは祝福のメッセージをくれた方に返したり、前日全く眠れなかったので、少し寝ました。あとベルトを獲ったらベルトを巻いて寝てみたかったので、やってみました。3時間くらい寝て起きると足元に転がっていました(笑)」と笑顔で語る。

 試合直後は「ところどころで攻撃を効かされていたので断片的にしか試合内容を覚えていない」と話していた塚越だが、すでに映像で自分の試合を確認。「焦らないことをテーマに戦いました」と試合を振り返った。

「まず印象に残っていたのは渡部選手の気迫で、本当に必死に戦いました。昨日は焦らないことをテーマに戦ったのですが、途中でそれを抑えられなくなって、制御不能になってしまいました(苦笑)。

(戦術的には)もっと蹴って距離を取りたかったんですけど、渡部選手だからというか、ああいう形になってしまいました。2Rに2度ダウンを奪いましたが、夢中すぎて勝っている感じもなかったです。ただそれでも最後に踏ん張れたのはベルトへの想いだったり、みんなの想いだったのかなと思います」

 渡部とは試合後に控え室で挨拶をかわし「2人ともあまりしゃべらずにうなずくだけでした。言葉は交わさなくても、お互いに『分かった』という気持ちだったと思います」と塚越。

「僕は去年、渡部選手に負けたからこそどうやったら勝てるかを真剣に考えてやるようになりました。その結果で勝つことが出来たと思うし、渡部選手は僕を成長させてくれた選手として感謝しています」と渡部に対しても感謝の言葉を残した。

 Krush-67kgのベルトを獲ること以外「何も考えていなかった」という塚越は、これから始まるチャンピオンとしての戦いを前に「今まで色んな人が-67kgのベルト巻いていますけど、このベルトは渡部選手から激闘の色に染まったベルトかなと思います。僕自身、このベルトをザ・ファイターとして、自分の色で色濃くしていきたいなと思います」と所信表明。

「死にもの狂いで獲ったベルトは絶対に誰にも渡しません。これから僕が-67kgのベルトの価値を高めていきたいと思います」とファンにメッセージを送った。

 新王者・塚越が-67kgのベルトと共にどんなチャンピオンロードを進んでいくのか注目だ!

  • 1476610515_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます