ホーム > お知らせ > 12・18「Krush.71」中国で覚醒したレオナ・ぺタスと“DYNAMITE”髙橋佑太が強打者対決!「王者に相応しい試合をする」(レオナ)VS「ベルトへの想いは負けない」(髙橋)

お知らせ

12・18「Krush.71」中国で覚醒したレオナ・ぺタスと“DYNAMITE”髙橋佑太が強打者対決!「王者に相応しい試合をする」(レオナ)VS「ベルトへの想いは負けない」(髙橋)

1476192518_0sp.jpg

[2016/10/11]

 10月11日(火)東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、12月18日(日)東京・後楽園ホール「Krush.71」で開催される第5代Krush-60kg王座決定トーナメント【開幕戦 Round.2】の対戦カードが発表された。
>>詳細

 第4代王者・卜部弘嵩が返上したベルトをかけて、全16選手参加によって争われる「第5代Krush -60kg王座決定トーナメント」。10・15「Krush.70」を【開幕戦 Round.1】、12・18「Krush.71」を【開幕戦 Round.2】とし、それぞれ1回戦・4試合を実施。2017年2月大会で準々決勝、4月大会で準決勝、そして5月大会で決勝戦という長丁場のトーナメントだ。

 この日の会見では12・18「Krush.71」で行われる1回戦・4試合が発表され、対戦カードごとに選手たちが登場し、トーナメントへの意気込みを語った。

 4月のK-1-60kg日本代表決定トーナメント一回戦で闘士に敗れたあと、中国・英雄伝説のアジア-60kg級トーナメントで優勝を果たしたレオナ・ぺタスと初代-60kg王座決定トーナメントにも出場経験がある“DYNAMITE”髙橋佑太の初対戦が決まった。

 レオナは英雄伝説のベルトを肩にかけて会見に登場。「中国は移動や減量も大変で、予定されていたスケジュールが変わることもある。自分は神経質な方だったんですけど、そういうことにも慣れました」と中国遠征を振り返り「アウェーでは倒しに行かないと勝てないと思って戦いました。日本でも一発効かせた時にそういう戦い方が出来ればいいなと思います」と生まれ変わった姿を見せると続ける。

 対戦相手の髙橋については「パンチの印象が強いけど、実はローキックが強い。気持ちも強いし、パンチだけじゃなくてローでも倒せる選手だなと思う」と分析しつつ「僕がチャンピオンに相応しいと分かってもらえる試合をします。中国でベルトを獲ったので、自分が英雄伝説の代表とも思っているし、圧倒して勝って『やっぱり、こいつはチャンピオンだな』という試合をします」と力の差を見せるつもりだ。

 対する高橋はレオナ戦が決まった時の心境を「正直、一回戦でレオナ選手と対戦するとは思っていませんでした。トーナメントはどちらか一人しか勝ち上がれない潰し合いなので、ここで僕とレオナ選手のどちらかが消える。自分で言うのもおこがましいですが、僕とレオナ選手どちらか一人でいいんだというのが感想です」と告白。

 さらに「レオナ選手はすごく強いし、評価もしています。長身で相手の攻撃を見切る感覚もあるし、倒す力もある。初戦でやりたくない相手だし、優勝候補だと思っています」とトーナメント出場選手の中でもレオナが一、ニを争う強敵だと語る。

 しかし髙橋は「ここまで来たらベルトへかける想いはみんな一緒。ベルトにかける想いは誰にも負けない」とKrus-60kg王者への想いを熱弁。「レオナ選手は“石の拳”と言われていますが、僕の拳で粉砕してやります。レオナ選手が相手にいてくれるおかげで絶対に良い試合にあると思うし、頂点を獲るつもりで必ず初戦を突破します」と打倒レオナを誓った。

 -60kgでもトップクラスの攻撃力を誇る強打者対決を制すのはレオナか? それとも髙橋か?

  • 1476192518_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます