ホーム > お知らせ > 12・18「Krush.71」悲願のベルト獲りに燃える郷州征宜が曲者・原田ヨシキと対戦!「今の自分ならKO出来る」(郷州)VS「次は真っ向勝負でKOする」(原田)

お知らせ

12・18「Krush.71」悲願のベルト獲りに燃える郷州征宜が曲者・原田ヨシキと対戦!「今の自分ならKO出来る」(郷州)VS「次は真っ向勝負でKOする」(原田)

1476189065_0sp.jpg

[2016/10/11]

 10月11日(火)東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、12月18日(日)東京・後楽園ホール「Krush.71」で開催される第5代Krush-60kg王座決定トーナメント【開幕戦 Round.2】の対戦カードが発表された。
>>詳細

 第4代王者・卜部弘嵩が返上したベルトをかけて、全16選手参加によって争われる「第5代Krush -60kg王座決定トーナメント」。10・15「Krush.70」を【開幕戦 Round.1】、12・18「Krush.71」を【開幕戦 Round.2】とし、それぞれ1回戦・4試合を実施。2017年2月大会で準々決勝、4月大会で準決勝、そして5月大会で決勝戦という長丁場のトーナメントだ。

 この日の会見では12・18「Krush.71」で行われる1回戦・4試合が発表され、対戦カードごとに選手たちが登場し、トーナメントへの意気込みを語った。

 現在、明戸仁志と“DYNAMITE”髙橋佑太に勝利して連勝中の郷州征宜と総合格闘技をバックボーンに持つ原田ヨシキの一戦が決まった。

 Krushでは初の王座決定トーナメント出場となる郷州は「-60kgの王座決定トーナメントに参加させてもらうことになりました。僕は次で24戦目なのですが、そろそろベルトが欲しいと思っているので、このチャンスを絶対に獲るつもりで戦います」と決意の挨拶。

 原田のファイトスタイルを「-60kgに階級を落として最初の試合で大沢文也選手といい勝負をしていて、パンチを振り回すやりづらい選手だと思います」と分析する一方「今の自分だったらKO出来ると思うので、ぜひ楽しみにしてください」とKO勝利を予告する。

 さらに「Krushのベルトはどの団体よりも価値があるベルトだと思うので、このトーナメントで自分が-60kgで一番強いチャンピオンということを証明したい」とKrush-60kg王座への想いを語った。

 対する原田も「郷州選手はガンガン前に来て、気持ちで戦う選手」とした上で「僕は今までアウトボクシングな感じで、KrushではKOしたことがないんですけど、次は真っ向から打ち合ってKOしたいと思います。口だけのやつと思われていも嫌なんで、自分の実力を出してガンガンいって面白い試合をしてKOしたいと思います」と郷州のKO宣言に呼応。

「Krushのベルトは誇り高くて価値があるものですけど、僕は普段ぽっちゃりしているんでお腹を隠すためにベルトが欲しいですね」と笑いを誘いつつ「何かを得るためには何かを捨てなきゃいけないし、試合までに色んな欲求を我慢して、しっかり練習して次の試合で練習の成果を出したい」と意気込みを語った。

 スタミナ&手数をフルに生かした直球勝負が身上の郷州と総合格闘技仕込みの独特の間合いと打撃を得意とする原田。全くタイプが異なる両者の対戦はどんな結末を迎えるのか?

  • 1476189065_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます