ホーム > お知らせ > 10・15「Krush.70」大沢文也、生まれ変わった&進化した姿でトーナメント制覇へ!「練習内容もガラリと変えた。記録だけじゃなく記憶に残る試合をしたい」

お知らせ

10・15「Krush.70」大沢文也、生まれ変わった&進化した姿でトーナメント制覇へ!「練習内容もガラリと変えた。記録だけじゃなく記憶に残る試合をしたい」

1475587786_0sp.jpg

[2016/10/05]

 10月15日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.70」の[第5代Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦]で朝久泰央と対戦する大沢文也のインタビューを公開!
>>詳細

――今回のトーナメントへのオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「早く試合がしたいと思いましたね」

――その理由はなんでしょう?

「最初に『誰が出場するんだろう?』と思って、それと同時に挽回できるチャンスだと思いました。今、周りのライバル選手たちが活躍しているんで、このトーナメントは自分が逆転できるチャンスだなって」

――大沢選手はずっと-60kgで試合をしていますが、同じ階級の選手たちが活躍している姿を見て、ライバル意識はありますか?

「はい。唇を噛み締めるぐらい、凄く悔しいです」

――どんな時に悔しいと感じますか?

「他の選手の試合を見てる時です。みんな、いい試合をするんで、悔しいって感じます。ただ実は俺も2年間無敗なんですよ、2年間ずっと泥試合ですけど(苦笑)」

――結果は出ていても、試合内容で満足できていないという気持ちがあるのですか?

「満足は出来ていないです。自分は試合になると『とりあえず勝てればいい』っていう弱い気持ちが出てしまって、安全運転になっちゃうんですよ」

――そういった現状からもう一歩突き抜けることが今のテーマですか?

「そうですね。俺の試合は勝っても記録にしか残らない。俺は記録には残っても、お客さんの記憶に残らない試合しかしていなんです。だからもっとお客さんの記憶に残る試合がしたいですね」

――今回のトーナメントを勝ち進めばチャンピオンになることが出来ます。大きなチャンスですし、今までの自分とは違う姿を見せたいですか?

「俺は今回のトーナメントに本当にかけているんで、進化した大沢文也を見せたいですね。練習でも、今までは攻撃を貰わずに自分が攻撃するような練習をやってたんですけど、最近はそういう練習を辞めて、攻撃をもらってもいいから、積極的に前に出て行く練習をしています。練習内容をガラリと変えて、この練習を始めてから調子がいいんですよ」

――動きの調子がいいだけでなく、ファイトスタイルが変化しても調子がいいんですね。

「はい。むっちゃ調子いいっすよ」

――一回戦の対戦相手は朝久選手に決まりました。朝久選手は今まで-55kgで試合をしていた選手なので、特に意識したことはなかったですか?

「全く意識したことはなかったです。ただ本当に強い選手だと思います。松倉信太郎には『ふみぴーじゃ勝てない。負けるよ』って普通に言われました…まあそうやってプレッシャーをかけてくるのは、いつものことなんですけど(笑)」

――朝久選手はあまり他にはいない独特のファイトスタイルで、攻略するのが難しいイメージがあります。言える範囲で構いませんので、大沢選手の中でどのように勝ちたい・攻略したいと思っていますか?

「練習でも朝久選手みたいな選手はなかなかいないので、どうしようかなと思っていたんですけど、あえて下手な選手と練習しています。朝久選手の悪口を言うわけじゃなくて、朝久選手は下手だけど凄く強くて、こっちが予想できないような攻撃ばっかりやってくるんですよ。

 だからアマチュア大会出場している、スタミナは1Rしか持たないけどガンガン前に出て何をしてくるか分からないような会員さんたちと練習しています。そういう人を3人くらい集めて、1Rずつ俺が相手にするみたいな。でも俺は本当に朝久選手の実力を認めているし、マジで強いと思いますよ」

――かなりやりにくい相手ではありますが、ここを勝たないとベルトは獲れません。

「今回は本当にベルトが獲りたいです。実は俺、好きな人が出来たんですよ。それでチャンピオンになったらカッコいいじゃないですか(笑)。そういう意味でも絶対ベルト獲ります」

――大沢選手もKrushのキャリアではベテランの域に入ってきました。昔は年上の選手に挑む立場だったと思うのですが、今は若い選手も出てきて、そこに混じってベルトを争うことになりました。そういう状況を自分ではどう捉えていますか?

「本当に年齢を重ねたなぁとは思いますよ、俺も今年で25歳になるんで。昔は年上の選手とばっかり戦っていたのが、今は逆の立場になって、朝久選手みたいに10代の選手と試合をする時がきたんだなって感じてます。でも凄く楽しみです」

――ここで落ち着くことなく、積極的にベルトを獲りにいきたいですか?

「そうですね。今回の対戦相手は謙虚ですけど(笑)」

――大沢選手はKrushのチャンピオンやベルトに対しての想いはやっぱり強いですか?

「凄く強いですね。島野浩太朗にも『決勝で戦えたらいいですね』と言われて、凄くモチベーションが上がりました。もちろん、朝久選手に対してもモチベーションは上がっています」

――今回のトーナメントで自分のどんな姿を見せて勝っていきたいですか?

「今、カウンターのパンチの練習をものすごくやってるんですよ。だから俺のカウンターのパンチに注目してください」

――大沢選手の試合を楽しみにしているファンの皆様へのメッセージやこのトーナメントへの意気込みなどを聞かせてください。

「10月15日は自分のパンチの技術を見てください。あと俺は可愛いのでみんな声をかけてください(笑)」

  • 1475587786_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます