ホーム > お知らせ > 10・15「Krush.70」佐野天馬、Krushのベルトは格闘技を始めた頃からの夢「上手い・強いだけではない何かを身につけないとチャンピオンにはなれない」

お知らせ

10・15「Krush.70」佐野天馬、Krushのベルトは格闘技を始めた頃からの夢「上手い・強いだけではない何かを身につけないとチャンピオンにはなれない」

1475548879_0sp.jpg

[2016/10/04]

 10月15日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.70」の[第5代Krush-60kg王座決定トーナメント一回戦]で松野祐貴と対戦する佐野天馬のインタビューを公開!
>>詳細

――今回、Krush-60kg王座決定トーナメントへのオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「今まで-60kgで試合をするつもりはなかったのでビックリしています。でもチャンスを得たので『やるしかない』と思っています」

――実際に-60kgで試合することになって、動きの変化や手応えはありますか?

「そこまで今までと変わらないと思います。ただ-60kgでは『この選手なら勝てる』と思う選手は多いです」

――佐野選手は15歳でプロデビューして、キャリアを重ねてきましたが、直接Krushのベルトに絡むのは今回が初めてです。Krushのベルトに挑むという部分ではどんな心境ですか?

「あと4回勝たないといけないので、今はあまり考えていないです。ここからベルトへ向けた戦いが始まるぐらいの気持ちですね」

――今、佐野選手は連敗中ですが、勝てなかった原因はどこだと思っていますか?

「生活面を含めて全部です。生活面を含めて、そこから直していかないとチャンピオンにはなれないと思っています」

――今まではそこまでしなくても勝てると思っていた部分もあったんですね。

「なんか…普通に勝てると思っちゃってましたね(苦笑)」

――前回戦った神戸翔太選手は-58kgでタイトルマッチも経験している選手です。そういった選手の底力は感じましたか?

「感じましたね。上手い・強いだけではない何かを身につけないとチャンピオンにはなれないと思います」

――一回戦で対戦する松野選手はどんな印象ですか?

「ファイトスタイルが、凄く嫌いなタイプで、やりたくなかった相手です」

――松野選手は綺麗に戦うよりもプレッシャーかけて相手を押し切るイメージがあります。そういう戦い方は格闘家として好きではないですか?

「好きじゃないです。好きじゃないというより自分が苦手なだけです。だから嫌いです(苦笑)。まあ今の時点では具体的な準備やイメージはないのですが、これからしっかり仕上げていこうと思います」

――同門の先輩たちは何人もKrushのベルトを巻いていますし、-60kgの強豪も多いです。そのような部分も含めて、Krushのベルトに関してはどんな想いがありますか?

「昔から階級は関係なくKrushのベルトがすごく欲しかったので、今回は必ずKrushのベルトを獲りたいです」

――先輩たちがチャンピオンになる姿を見て、自分もチャンピオンになりたいと思いましたか?

「そうですね。僕は小学校6年生の時に格闘技の世界に入って、それから少ししてKrushで3階級の初代王座決定トーナメントがあって、あの時の試合も見ていました(※佐野の先輩にあたる梶原龍児と卜部弘嵩が王者になった)。だからずっとKrushでチャンピオンになりたいと思ってやってきました」

――このトーナメントに出場するファンのみなさんや佐野選手に注目してる方々にメッセージをいただけますか?

「自分の全てを出してベルトを取りたいと思っています。応援よろしくお願いします」

  • 1475548879_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます