ホーム > お知らせ > 無敗街道を驀進中の松下大紀が控えめにタイトル挑戦をアピール?「そろそろちょっとはベルトのことを言ってもいいかなって思います(笑)」

お知らせ

無敗街道を驀進中の松下大紀が控えめにタイトル挑戦をアピール?「そろそろちょっとはベルトのことを言ってもいいかなって思います(笑)」

1475316252_0sp.jpg

[2016/10/01]

 10月1日(土)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、9月30日(金)東京・後楽園ホール「Krush.69」で和氣光春にKO勝利した松下大紀が試合を振り返ると共に、今後の目標を語った。
>>詳細

 3月のK-1代々木大会で引き分けてる和氣と対戦し、KO勝利で決着をつけた松下。会見では「勝ったから言えるんですけど、宣言通りに1RKOできたことがうれしくてホッとしています」と安堵の表情を浮かべる。

 フィニッシュとなったヒザ蹴りは「狙って出したわけじゃないんですけど、予想以上に綺麗に入ったんで、入った瞬間に(和氣は)立てないなと感じた」ほどの一撃で「今回の再戦に向けてスタミナを強化してきた。あのペースで戦っても3Rまでいける自信はあったので、自分でも成長したと思いました」と手応えを感じていた。

 これで松下はプロ戦績を7戦6勝1分とし、無敗記録を更新。和氣との試合で小指を骨折し、しばらくは戦線離脱することになるが「ここで和氣選手と白黒つけないと次に進めないと思っていた。誰が見ても自分の方が強いと分かる勝ち方だったんで、これからの自分い期待して欲しいです。まだまだ自分は新参者なんで誰と戦いたいとは言えないですが、-65kgでやっている選手なら誰でもいい。負ける気しないです!」と更なる飛躍を目論んでいる。

 会見に同席した宮田充Krushプロデューサーも「(松下は)間違いなく-65kgの主役の一人になっていく選手。今すぐに誰という選手はいませんが、頭の中に(次の相手として)3~4選手は浮かんでいます。松下選手のことを意識している選手もいると思いますし、その辺の競り合いだったり、片っ端から上の選手にぶつかっていってほしいです」と期待を寄せる。

 そんな宮田プロデューサーの言葉を聞いた松下は「僕は7戦無敗で、引き分けている和氣選手に勝ったんで、実質全勝です。だから生意気ですけど…そろそろちょっとはベルトのことを言ってもいいかなって思います(笑)。これからはベルトのことも考えて戦っていきたいです!」と控えめ(?)にタイトル挑戦をアピール。無敗街道を突き進む松下が最激戦区-65kgをかきまわす存在となるか?

  • 1475316252_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます