ホーム > お知らせ > 10・15「Krush.70」大沢文也が「今回こそは本当にめっちゃ強い」宣言!?-60kg戦線へ殴り込む朝久泰央「スピード・パワー・テクニックで攻め続ける」

お知らせ

10・15「Krush.70」大沢文也が「今回こそは本当にめっちゃ強い」宣言!?-60kg戦線へ殴り込む朝久泰央「スピード・パワー・テクニックで攻め続ける」

1472735808_0sp.jpg

[2016/09/01]

 9月1日(木)東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、10月15日(土)東京・後楽園ホール「Krush.70」からスタートする「第5代Krush-60kg王座決定トーナメント」の対戦カードが発表された。
>>詳細

 第4代王者・卜部弘嵩が返上したベルトをかけて、全16選手参加によって争われる「第5代Krush -60kg王座決定トーナメント」。10・15「Krush.70」を【開幕戦 Round.1】、12・18「Krush.71」を【開幕戦 Round.2】とし、それぞれ1回戦・4試合を実施。2017年2月大会で準々決勝、4月大会で準決勝、そして5月大会で決勝戦という長丁場のトーナメントだ。

 この日の会見では10・15「Krush.70」で行われる1回戦・4試合が発表され、対戦カードごとに選手たちが登場し、トーナメントへの意気込みを語った。

 長らくKrush-60kgのトップ戦線で活躍し、過去にタイトル挑戦歴のある大沢文也が第5代王座決定トーナメントにエントリー。対戦相手は九州から参戦する朝久道場の朝久泰央で、これまで戦ってきた-55kgから-60kgまで一気に階級を上げての参戦となった。

 7・18「Krush.67」で原田ヨシキに勝利しての参戦となった大沢は「7月はすごいしょっぱい試合をして、マネージャーからめっちゃ怒られました。そして『宮田(充プロデューサー)さんに本当にキレられるぞ!』と言われたので、そうならないように頑張ります」と“らしい”言葉で挨拶。

 対戦相手の朝久のことを「僕、2年間負けてないんですけど、この2年間で戦った相手の中で一番強いと思う。めっちゃ強いし、本当に強敵だと思います。原田ヨシキとか島野浩太朗よりもやりづらい」と分析する。

 その後は「昨日も松倉信太郎と牧平圭太とガンガン練習して、今の俺はめっちゃ強い…って言うといつも負けるんですけど(笑)、今回は本当にめっちゃ強いんで楽しみにしてください」と今度こその絶好調宣言(?)。

 時折、笑いも交えて会場を和ませる大沢だったが「前の会見でも言いましたけど、俺はKrushのベルトがめっちゃ欲しいです。91年会(HIROYA、武尊、松倉信太郎)でベルトを巻いたことないのは僕だけだし、TANG TANG FIGHTになってまだ誰もベルトを巻いてない。だから自分が最初にベルトを巻きたいっす。もうジムでも一番上になって、下の子たちにも背中を見て育って欲しいんで、僕がこのベルトを巻きます」と後輩たちのためにも必ずベルトを獲ると誓った。

 一方の朝久は-60kgへの階級転向の理由を「成長期に伴って身体が大きくなってきてきました。あとは-60kgは様々な選手がいるので、そういう選手と闘いたいと思って階級を上げました」と説明。

 これまでより5kg重い階級での試合となるが「身体もできてきてるし、-60kgでも通用するスピード・パワーがついてきていると思います」と不安はなく「-60kgで初めて試合をすることが楽しみです。スピード・パワー・テクニックすべてを活かしてガンガン攻め続けるスタイルで戦います」と試合が待ち遠しいと話す。

 対戦相手の大沢については「パンチのテクニックもあってパワーもある素晴らしい選手」としつつ「チャンピオンになるためには4試合勝たなければいけない。先のことを考えるのではなく、まずは1試合1試合全力で戦って行こうと思います。試合まで一生懸命練習して勝ち取ります」と目の前の試合に全力投球する構えだ。

 大沢に「ちょっと緊張しすぎじゃない?」とツッコまれ「僕はしゃべりは得意じゃないので…試合で証明したい」と返した朝久。キャラクターもファイトスタイルも180度違う2人の対戦はどんな結末を迎えるか?

  • 1472735808_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます