ホーム > お知らせ > 10・15「Krush.70」パワー・強打の明戸仁志か?スピード・手数の渡辺武か?「このトーナメントで爆発する」(明戸)VS「WILDRUSHの悔しさをぶつける」(渡辺)

お知らせ

10・15「Krush.70」パワー・強打の明戸仁志か?スピード・手数の渡辺武か?「このトーナメントで爆発する」(明戸)VS「WILDRUSHの悔しさをぶつける」(渡辺)

1472732285_0sp.jpg

[2016/09/01]

 9月1日(木)東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、10月15日(土)東京・後楽園ホール「Krush.70」からスタートする「第5代Krush-60kg王座決定トーナメント」の対戦カードが発表された。
>>詳細

 第4代王者・卜部弘嵩が返上したベルトをかけて、全16選手参加によって争われる「第5代Krush -60kg王座決定トーナメント」。10・15「Krush.70」を【開幕戦 Round.1】、12・18「Krush.71」を【開幕戦 Round.2】とし、それぞれ1回戦・4試合を実施。2017年2月大会で準々決勝、4月大会で準決勝、そして5月大会で決勝戦という長丁場のトーナメントだ。

 この日の会見では10・15「Krush.70」で行われる1回戦・4試合が発表され、対戦カードごとに選手たちが登場し、トーナメントへの意気込みを語った。

 最初に発表されたカードは明戸仁志と渡辺武の一戦。-60kg随一のパンチ力を誇るハードパンチャー明戸と2014年にWILDRUSHリーグ(-60kg)に出場した渡辺が1回戦で拳を交えることになった。

 今回が約半年ぶりの試合となった渡辺は「王座をかけたトーナメントに声をかけていただいて感謝しています。全力でベルトを獲りに行くので、よろしくお願いします」と挨拶。

 WILDRUSHリーグ以来となるタイトルへのチャンスを前に「最近は-58kgで試合をしてきましたが、デビューから10戦くらい-60kgでやってきました。この階級には縁があると思うし、リーグ戦で悔しい想いをして、新しく始めたトレーニングもある。それで強くなっている実感もあるし、あの時の悔しさをトーナメントにぶつけたい」と燃えている。

 対戦相手の明戸については「パンチ力があって気持ちが強い選手」と分析した上で「負けないところはスピードと手数。激しく打ち合う試合をするので、どちらが勝つか見に来てください」と正面突破を誓った。

 一方、現在2連敗と勝ち星から見放されている明戸だが「最近はしょぼい試合が続いていましたが、トーナメント参戦が決まって気持ちも上がっています。このトーナメントで爆発して、気合い入れてやっていくんで期待していてください」と巻き返しを宣言。

「自分は7年前、23歳の時に初めてKrushの新宿FACE大会に出ました。その時からずっと-60kgでやってきたので、このベルトはずっと狙っていたものです。このチャンスを全力で戦いたいと思いますし、メンタルもフィジカルも鍛え直して半年間戦い抜きます」と王座奪取への覚悟を語る。

 スピード・手数を持ち味だと話した渡辺に対し、明戸は「自分の方がパワーは全然あると思うし、パワーと気持ちでは負けない。そこで倒しに行くスタイルで試合をする」と持ち前の強打で対抗するつもりだ。

 トーナメント1回戦を勝ち進むのはパワー・強打の明戸か? スピード・手数の渡辺か?

  • 1472732285_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます