ホーム > お知らせ > 9・30「Krush.69」半年ぶりの決着戦を前に松下大紀と和氣光春が火花!「バチバチに気合いが入る」(松下)VS「ライオンがうさぎを狩るくらい一方的に勝つ」(和氣)

お知らせ

9・30「Krush.69」半年ぶりの決着戦を前に松下大紀と和氣光春が火花!「バチバチに気合いが入る」(松下)VS「ライオンがうさぎを狩るくらい一方的に勝つ」(和氣)

1470144179_0sp.jpg

[2016/08/02]

 8月2日(火)東京・大久保のGSPメディアセンターにて記者会見が行われ、9月30日(金)東京・後楽園ホール「Krush.69」の追加対戦カードが発表された。
>>詳細

 3月のK-1代々木大会のプレリミナリーファイトでドローに終わっている松下大紀と和氣光春の再戦がKrushで実現した。

 約半年という短いスパンでの再戦となるが、和氣は6月のK-1代々木大会で上田誠也からダウンを奪って判定勝利。対する松下も7・18「Krush.67」でK-1甲子園2015-65kg王者・篠原悠人にKO勝利しており、互いに白星を挟んでのリマッチとなる。

 松下は篠原戦の劇的なKO劇を振り返り「SNSでもみんな篠原篠原と言っていたんで、やるしかねえなと思って戦いました。ここで勝てば、ファンも増えるし注目されると思って気合いがバッチバチに入ってました。これだけ注目されたのは篠原選手のおかげだし、篠原選手のことはリスペクトしています。その篠原選手に勝つことができて自信がなりました」。

 今回のリマッチについても「自分はプロ無敗なんですけど、唯一勝てなかったのが和氣選手。白黒つけていない相手なんで、次で白黒はっきりつけたい」と鼻息荒く語り「思った以上にパンチが重かったけど、次は前に出てガンガンいって倒したい。上田選手とやっている試合も見たけど、あれだったら負けないと思ったんで倒します。何ラウンドで倒したい? 1Rで倒します」と自信をのぞかせた。

 一方の和氣も「松下選手は身長もあってリーチもあるけど、試合になるとそれを活かせてない。篠原選手とやった試合はちゃんと見てないし、倒して勝ってましたけど、そこは気にしないで自分から行って倒します」と宣言。

「自分も白黒つけたいと思っていたんで、ライオンがうさぎを狩るくらい一方的に勝ちます。僕は1Rが始まる前に睨み合っているところから倒すつもりでやります」とこちらも松下同様、自信たっぷりの言葉を続けた。

 -65kgはK-1・Krushで激戦区となっている階級。20歳の松下・19歳の和氣には今後の活躍も期待される。自分のアピールしたい部分や戦って見たい相手などを聞かれた両者は、それぞれ以下のように答えた。

松下大紀
「アピールしたいところは倒すか倒せるかのドキドキ感ですね。自分は前に行くガンガン行くスタイルなんで、どんな選手でもスタイルを変えないでガンガンいきたいです。(戦いたい相手は?)いないというか…逆に言えば全員とやりたいし、一番やりたかったのは和氣選手です。唯一勝てなかった相手なんで、バチバチに気合い入ってます」

和氣光春
「自分は起用に戦うタイプじゃないんで、練習したものを出せるように頑張って、タイトルまで駆け上がりたいと思います。(戦いたい相手は?)ベルトを目指している以上、ゲーオ・ウィラサクレックや山崎秀晃選手と戦いたいです。あとは若手で注目されている平本蓮くんとやりたいです。一度、試合が決まって流れたこともあるんで」

 会見の最後に両者はそれぞれ「自分は絶対面白い試合をするんで、第1試合になっても第1試合から見に来てください」(松下)、「松下選手とは地元が近くて隣の中学の先輩なんで、白黒はっきりつけて地元の人たちにそれを見せつけたいと思います」(和氣)とメッセージ。若さ溢れる2人による決着戦はKO決着必至の一戦だ。

  • 1470144179_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます