ホーム > お知らせ > 山際和希、前-67kg王者・牧平圭太との激闘を振り返る「お互いに負けられないもの同士、プライドとプライドのぶつかり合いで素晴らしい試合が出来た」

お知らせ

山際和希、前-67kg王者・牧平圭太との激闘を振り返る「お互いに負けられないもの同士、プライドとプライドのぶつかり合いで素晴らしい試合が出来た」

1468927806_0sp.jpg

[2016/07/19]

 7月19日(火)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、7月18日(月・祝)東京・後楽園ホール「Krush.67」で前Krush-67kg王者・牧平圭太に勝利した山際和希が試合を振り返ると共に、今後の目標を語った。
>>詳細

 約3年ぶりのKrush参戦で、前Krush-67kg王者の牧平に延長判定の末に勝利したBigbangウェルター級王者の山際。最初の挨拶で「このような素晴らしい試合を組んでくださった関係者のみなさまありがとうございました。お互いに負けられないもの同士の闘いで、プライドとプライドのぶつかり合いで素晴らしい試合ができたと思います」と昨夜の激闘を振り返った。

 続く質疑応答で山際は「牧平選手は-70kgよりも-67kgの方が動きが悪いし、減量がキツいという噂も聞いていたので後半はスタミナが切れると確信していました。それで1Rはディフェンスを意識して、2Rはオフェンスとディフェンスを半々、3Rにポイントを取るつもりで戦いました」と後半に勝負をかける作戦だったことを告白。

 試合前の宣言通り、激しい蹴り合いの末に蹴り勝ったことについては「僕はあまりローは効かないんですけど、カットしなかったので印象は悪かったかなと思います。ただ倒されるほどの蹴りではなかったし、牧平選手の動きを見た時に蹴りなら勝てると思いました。ミドルで蹴り勝って、自分の蹴りをアピールできたと思います」と誇らしく語った。

 10・15「Krush.70」では-67kgタイトルマッチとして王者・渡部太基VS挑戦者・塚越仁志が決定。両者と対戦経験がある山際は「僕の予想では塚越選手が勝つんじゃないかなと思います」と王座移動を予想し「僕も前王者の牧平選手に勝ったので、次の挑戦者に選んでいただきたいです」と王座挑戦に名乗りを挙げた。

 山際はBigbangのタイトルも保持しており、すでに9・4有明大会への出場が決定。宮田充Krushプロデューサーは「山際選手はBigbang王者としての試合がベースになので、9月以降の試合スケジュールは谷山ジムさんと相談していきたいと思います」としつつ「今回の結果でKrush-67kgのタイトル挑戦権のいい位置についたと思います。次戦はこの結果を踏まえてオファーしたいと思います」と山際のKrush-67kg戦線での試合についてコメントしている。

「これからも僕の蹴りを活かしたインパクトの残る試合をして、BigbangだけじゃなくKrushも盛り上げていきたいと思います」と山際。Krush-67kg戦線をかき回す存在となるか!?

  • 1468927806_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます