ホーム > お知らせ > -70kg王者ジョーダン・ピケオー、KrushロゴTシャツ&ベルトを持ってKrush愛を語る!?「俺はいつでも飛んでくるし、Krushのベルトをいつまでも守り続けるよ」

お知らせ

-70kg王者ジョーダン・ピケオー、KrushロゴTシャツ&ベルトを持ってKrush愛を語る!?「俺はいつでも飛んでくるし、Krushのベルトをいつまでも守り続けるよ」

1468926186_0sp.jpg

[2016/07/19]

 7月19日(火)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、7月18日(月・祝)東京・後楽園ホール「Krush.67」で初防衛に成功した-70kg王者ジョーダン・ピケオーが試合を振り返ると共に、今後の目標を語った。
>>詳細

 昨日の大会で山崎陽一を2RKOで下し、初防衛に成功したピケオー。Krushのロゴ入りTシャツ着用で会見に現れると「昨日はベストを尽くして、ベルトと共に会見に出席することが出来てうれしいよ」とニッコリ。「試合後は塚田農場で日本料理を食べて(笑)、本当はパーティにもいきたかったけど、友達でインターネットでコミュニケーションをとって、それからは音楽を聞きながらリラックスして過ごしていたよ」と試合後の過ごし方を明かした。

 質疑応答で試合について聞かれたピケオーは「もっと山崎がガンガン来ると思ったけど、そこまで出てこなかったので2Rまで持ったんじゃないかな。もっとガンガン来ていたら1RでKO出来ていたと思うよ」。実際に拳を交えた山崎について「ローキックが効いたのと、ボディが一発効いたかな」と攻撃力を評価する一方で「一発俺がいいパンチを当ててから山崎は下がる展開が増えたと思う。途中から山崎はガードを固めてディフェンス一辺倒になっていたからね」と余裕を感じさせる言葉も残している。

 会見に同席した宮田充Krushプロデューサーはピケオーの次戦について「ピケオー選手には4月・7月に試合をしてもらったのですが、年内に防衛戦を行うならもう一度オファーしたい」と言及。ピケオーは日本人ファイターに圧倒的な強さを見せつけている状況だが「タイトルマッチで対戦した中島・山崎以外にもファイターはいます。ストレートに次の挑戦者はこの選手というのはいないので、挑戦者決定戦などを行って、日本人ファイターの中から次の挑戦を決めたいです」としている。

 ピケオー自身は次の挑戦者について「ファンのみんなが見たい相手なら誰とでも戦うよ」とKrushが選ぶ挑戦者とは誰でも戦う構え。またK-1再出撃についても触れて「K-1とKrush兄弟で、K-1はKrushの兄貴分だと思っている。俺はKrushのベルトを出来る限り守っていきたいし、K-1のベルトに挑むチャンスがあれば挑戦したい」と語っている。

 日本で試合をするたびにファンも増え、今やKrushが生んだ外国人エースと言える存在となったピケオー。最後は「ファンのみんなが俺の試合を見たいと思うなら、宮田プロデューサーに言ってくれ。そしたら俺はいつでも飛んでくるし、このベルトをいつまでも守り続けるよ」と日本のファンにメッセージを送った。

  • 1468926186_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます