ホーム > お知らせ > 7・18「Krush.67」熱戦必至の-70kgタイトルマッチ!王者ジョーダン・ピケオー「これからも俺の防衛戦は続く」VS挑戦者・山崎陽一「熱い試合の先にベルトがある」

お知らせ

7・18「Krush.67」熱戦必至の-70kgタイトルマッチ!王者ジョーダン・ピケオー「これからも俺の防衛戦は続く」VS挑戦者・山崎陽一「熱い試合の先にベルトがある」

1468735931_0sp.jpg

[2016/07/17]

 7月17日(日)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.67」の前日計量・記者会見が行われた。
>>詳細

 ダブルメインイベント第2試合[-70kgタイトルマッチ/3分3R・延長1R]で対戦する王者ジョーダン・ピケオーと挑戦者・山崎陽一は共にリミット200gアンダーの69.8kgで計量をクリア。調印式を終え、記者会見で明日の決戦への意気込みを語った。

 挑戦者としてピケオーの持つベルトに挑む山崎は「計量が終わってホッとしています。あとは明日のために準備するだけです」と挨拶。計量時にピケオーを見た印象を聞かれると「もっと背がデカいイメージがあったんですけど、そこまで大きくはなかったです。ただ手足は長いなと思いました。対戦相手は対戦相手なので、相手を見たからと言って気持ちは変わらないです」と淡々と語る。

 山崎にとって今回は2度目の王座挑戦。しかもピケオーは過去最強クラスの強敵だ。

「ベルトを獲ることがずっと目標だったんですけど、それ以上にピケオーに勝つことも重要です。試合が決まってからずっとやれることをやってきました。それをすべてリングで出すことに集中しています」とピケオーに勝つためだけに試合までの日々を過ごしてきた。

 そんな一世一代の大勝負となる明日の大会は前売りチケットが完売。試合の模様はAbemaTVやニコニコ生放送でライブ配信、GAORA SPORTSでニアライブ放送されるなど、注目度の高い大会となっている。

 山崎は「選手として超満員の会場で、たくさんの人たちに見てもらえる前で試合が出来ることは幸せなことです」とファイターとしての喜びを口にしつつ「とにかく自分は全てを出して、そして勝つこと。それが全てです。熱い試合をして、見ている人が燃えるようなな試合をしようと思うし、その先にベルトがあると思います。自分のすべてをリングに出します」と王座奪取への強い想いを語った。

 一方、今回が初防衛戦となるピケオーは「気持ちとしては最高の状態だよ。昨日は減量のためにお腹が空きすぎて眠れなかったけど、今夜はしっかり食べてゆっくり寝たいと思うよ」とリラックスした様子でコメント。

 初めて顔を合わせた山崎の印象を聞かれると「さっき山崎は俺が小さく見えたと言っていたけど、逆に俺は思ったよりも山崎がデカく見えてちょっとビビったよ(笑)。まあでも今はお腹が空いているから小さく見えるだけで、俺はこれからいっぱい食べる。明日のリング上でどちらがデカいかを見て欲しいね」と笑顔で続けた。

 これまで佐藤嘉洋、渡部太基、中島弘貴と日本のトップファイターたちを次々と撃破しているピケオーは「山崎の試合はそこまで見ていないけど、代わりにトレーナーがしっかり研究してくれて、どう戦えばいいかを教えてくれた。戦略は万全だよ」と山崎攻略にも自信。

「みんなも知っての通り、俺のスタイル=Mike’s Gymのファイトスタイルは決して下がらない前に出続けるスタイルだ。山崎が前に出てくる試合をしてくれれば、楽しい試合になるだろう。どちらかが倒れるような試合をしよう」とファンに激闘を約束しつつ「今回は初防衛戦だけど、これが最後じゃない。これからも俺の防衛戦は続いていく」と王座防衛を誓った。

 熱戦必至の-70kgタイトルマッチ。最後にベルトを巻いているのは王者ピケオーか? それとも挑戦者・山崎か?

  • 1468735931_0sp.jpg
  • 1468741844_2sp.jpg
  • 1468741844_3sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます