ホーム > お知らせ > 7・18「Krush.67」-60kg王座を狙う明戸仁志と郷州征宜が激闘派対決!「自分の攻撃力を活かして倒す」(明戸)VS「しっかり倒して自分をアピールしたい」(郷州)

お知らせ

7・18「Krush.67」-60kg王座を狙う明戸仁志と郷州征宜が激闘派対決!「自分の攻撃力を活かして倒す」(明戸)VS「しっかり倒して自分をアピールしたい」(郷州)

1466163562_0sp.jpg

[2016/06/17]

 6月17日(金)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、7月18日(月)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.67」の出場選手が意気込みを語った。
>>詳細

 卜部弘嵩が王座を返上した-60kgで注目の一戦が決まった。明戸仁志は-60kg屈指の強打を誇り、4月のK-1-60kg日本代表決定トーナメントにも抜擢されたハードパンチャー。対する郷州征宜もアグレッシブなファイトスタイルが持ち味で、明戸が出場したトーナメントのリザーブファイトに出場。今回がKrush初参戦となる。

 前回の試合=トーナメント1回戦で島野浩太朗にKO負けしている明戸は「4月は試合中に考えすぎて、しょぼい試合で負けてしまったんで、今回は自分の持ち味である攻撃力を活かして倒しに行く練習をしています。ガンガン行く試合で倒しに行きたい」と原点回帰&復活を宣言。

 対する郷州もトーナメントのリザーブファイトで神戸翔太に判定負けしており「前回は相手を倒せずに負けてしまったので、倒す武器を身につけられるように梶原(龍児)トレーナーと相談して練習しています。次はしっかり倒して勝ちに行きます」と明戸同様に復活を誓う。

 明戸・郷州どちらも攻撃的なスタイルだけに真っ向勝負は必至。明戸が「郷州選手はガンガン前に出てくる気持ちの強い印象。自分と郷州選手のファイトスタイルだったら絶対に盛り上がると思う」と激闘を予告すれば、郷州も「明戸選手はパンチが強い選手で、追い込まれてからも強い選手です。最後まで油断しないで倒しに行くし、お客さんが見に来てよかったと思う試合をする」と呼応する。

 また会見に同席した宮田充Krushプロデューサーによれば空位となった-60kg王座を決めるためのトーナメントを計画しているとのこと。

「自分はずっと-60kgでやってきたのでKrushのベルトを狙っています。-60kgは強豪がそろっているので目立つ試合をして、倒して勝ってアピールしたい」(明戸)、「自分がKrushのベルトをいただきたいと思っているので、そのためにもしっかり明戸選手を倒してアピールしたい」(郷州)と、両者ともにこの試合をクリアして-60kgのベルトを狙うつもりだ。

 強豪揃いの-60kgで存在感を見せるのは一体どっちだ!?

  • 1466163562_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます